「君の名は。」DVDスタンダード・エディション

  • 121人登録
  • 4.07評価
    • (20)
    • (19)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 26レビュー
監督 : 新海誠 
出演 : 神木隆之介  上白石萌音  長澤まさみ  市原悦子  成田凌 
制作 : 田中将賀  新海誠  新海誠  RADWIMPS 
  • ¥ 3,082 (参考価格 ¥ 4,104)
  • 東宝 (2017年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104107633

「君の名は。」DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • ようやく観れた。こんなストーリーだったのね…
    後半はどうなるんだというのと、これがどっちの結末になっても、想像するだけで、泣けてきました。

  • 遅まきながら鑑賞。
    面白いよ。評判どおりです。
    シリアスへの反転の仕方とか見事だし。
    黄昏時=異世界への扉を開くシーンは綺麗でした。

    新海監督の映画って今まで深夜にやってるテレ東のイメージだから、この大ヒットを受けてもまだピンと来ないんだよね。深夜にテレビでもう一度みたいな。絶対テレビ初放送はゴールデンだろうけど。

    新海作品を何作か鑑賞して感じたのは、表立って宮崎アニメみたいな明確な主張、哲学は感じられない点。わざと感じさせないようにしてるのかな?俺が分かってないだけかな。
    主人公達が運命に困惑しながら立ち向かっていくのはエヴァンゲリオン的流れですかね。エヴァ自体をあまり見たこと無いですが…なんとなくで言ってます。

    ラストは好きな映画「バタフライエフェクト」的な終わり方を勝手に先読みしてました。そういえばあの映画もオアシスの曲が最高だった…

  • 飛騨の山奥に住む、巫女さん高校生の三葉と・・・
    東京に暮らすフツーの高校生の瀧の・・・
    例の入れ替わってる?!の映画・・・

    いやー、良かった・・・
    何が?って・・・
    まずは何より画ですよ・・・
    人物画はフツーでしたが、
    背景・・・
    風景・・・
    特に空の描写はヤバイ・・・
    え?実写ですか?と思うくらいのキレイな空・・・
    そして千年に一度の彗星が来てからは神秘ムード大爆発・・・
    おぅ、幻想的だねとなる・・・
    結構これだけでも満足できますが・・・
    その幻想的な空の下・・・
    彗星がもたらす大災害を巡る攻防と・・・
    消えていってしまう大事な記憶に対する・・・
    大切なものを守りたい・・・
    大切なものを失いたくない・・・
    という三葉と瀧の切実な想い、願いを強く感じさせる展開に何だか涙しちゃう・・・
    当然青臭いし、粗もあるし、飛び抜けているなんて思わないけど・・・
    瑞々しい気持ちを湧き立たせてくれる佳作・・・

  • 映画からのDVDですが、二度目でもやはりこれはすごい・・・
    せつなさと悲しみと喜びが満載です。
    あとやっぱり絵の美しさ。
    そしてふたりともあれだけ衝撃の顔を見せて追いかけておきながら一旦やりすごすリアルさ・・・
    また秒速パターンのせつなエンドかと思いきや違ったのでよかったです。

  • カテゴリーに囚われない面白さ。
    男と女、田舎と都会、青春、大人と子供、現実と夢、神と人間、神主と町長、現在と過去、平和と災害、生と死、様々なものが結びよじれ変わりながら物語が進んでいく。映像の綺麗さと挿入歌のタイミングも絶妙で、思わず息をのむ。感情が動かされる映画。

  • 皆が夢中になるのがわかる映画でした。
    新海監督は光を描くのが上手いなぁ。
    美しかった。

  • 2017年8月16日鑑賞。JAL機内にて。大ヒットしたSFアニメ。彗星が地球に近づくとき、東京と飛騨の高校生・タキと三葉は不思議な体験をする…。社会現象とまでなった理由が分かったとは言えないが、きれいな映像・音楽・懐かしさを刺激する風景・役者の声の演技(市原悦子はすばらしい)・熱い友情・青春・切迫感のある展開などにとても楽しまされた。時間軸をずらしたSFストーリーも分かりにくくなくて(あるいは、わからなくても勢いで分かった気になれる)よかったし、ほろ苦ハッピーなエンディングも含めて製作者の思い通りに転がされた感じ。泣けはしないが。新海誠監督はどのような次回作を撮るのだろうか?

  • 映画館で見なかったからDVDで見るのが初めて。

    こういうストーリーだったんだ。人気あるの分かるな。

    2人が入れ替わったのは町の人を救いたいため、か。願いは叶ったけど、いちばん大切なものを捨てることに‥。あとは2人の想いの強さがラストに(^_^)

  • 神木隆之介天才だと思った…。
    ツカサに同意。かわいい。

  • 社会現象になった君の名は。ついにDVDになったのでどんなもんだろうかと見てみた。全然違う生活を送る高校生の男女が入れ替わり、夢じゃない事を受け入れ生活し最終的に未来を変えていく話だった。結論から言うと期待しすぎていた感が否めない。終わり方がちょっと物足りなかった。でも映像は本当に綺麗で山の中を歩いてるシーンだったり、都会のビルや駅のシーンなんかはホントにアニメなの?と疑うくらい、実写かと思うくらいに美しかった。それだけでも観る価値があると思う。でも所々なんて言っているのかわからない?聞き取りづらい?場面があり、そこを再度再生し直す程までには入り込めなかった。時間もなくて。きっともう一度、二度、ゆっくり時間のある中で音量を気にせず楽しめたならもう少し理解できたりして満足できるのかなとも思う。

  •  大ヒット映画となった君の名は。時代を超えた男女が入れ替わる。その男女の時代の違いが、隕石衝突によって消えた街に伝わる、結びという言葉によって繋がっていく。「寄り集まって形を作り、ねじれて絡まって、時には戻って、途切れ、またつながり。それが組紐。それが時間。それがムスビ」という言葉が何度か繰り返される。出会いや、関係を紡ぐ糸、それを手繰っていく旅。入れ替わった男女がそれぞれ惹かれる相手は、その時代を超えた相手だった。隕石衝突の日。惹かれ合う2人が繋がった日。街を救うべく2人は伝統や世間に戦いを挑むというストーリー。
     美しい情景描写と、女性の可愛らしい動きと姿が特徴の、さすがは新海誠の最新作。特に、星空に彗星が飛んでいく景色は圧巻。非常に難しい、夕暮れの描写もすごく良かった。
     なんとなく生きている日常、ふとした瞬間に出会っているかもしれない奇跡。東京の街では、なんとなくが当たり前になっている。バイトして、恋をして、学生という中途半端なステータスによって与えられる曖昧模糊とした、漠とした不安や、倦怠感のような感情。バイクから降りて、家までの道のりで、思わず人生自体に向かってため息が漏れるような。その新鮮さを、男女の入れ替わり、時期のズレによるドラマが色付けしていて面白い発想だ。

  • なかなか、面白かったです。

    新海誠の真髄、会いたいのに会えないもどかしさと、繊細な風景描写をかなりライトに仕上げた作品だと思いました。

    個人的には、ライトすぎなので、言の葉の庭や、秒速五センチメートルのほうが印象に残る場面も多かったです。
    ほかの新海誠作品を見ているとちょっと物足りない。
    ですが、それがヒットに繋がったのだとも思います。

    今どきのアニメのCG映像技術を駆使し、ジブリ的な自然描写の美しさではなく、都会の巨大なビルに圧倒される感じと、美しさをよく表現出来ていると思いました。

    いい作品には違いないですし、大スクリーンで見たいという気持ちもわかりました。

    近頃の萌えアニメとは違って一般受けしやすいのも頷ける内容で、入れ替わりが大きな意味をなしてくるストーリー展開でした。

    恋愛部分の切なさがファンタジーに支えられているので、個人的には気持ちが入り込みにくい。
    でも、ティーンにとってはとてもいい作品だと思います。

  • 所詮アニメと小馬鹿にして映画は観ておらずDVDで初めて視聴。映像の美しさは評判どおり。何度も実写かと錯覚するシーンに遭遇し2度驚いた。とりわけ秀逸なのは、緻密に編み込まれたストーリー構成。些かの無駄も狂いもなく伏線がタイトルに向かって回収され収斂していく。溜息がこぼれるような見事さ。誰でも分かる平易さ。子供からお年寄りまで楽しめる名作だ。

  • 「君の名は」というと、私が生まれる前にやっていた有名なドラマのタイトルが浮かびます。あれは「究極のすれ違い」を描いた話でしたが、こちらの方もある意味、瀧と三葉はすれ違っている。なんといっても時系列がずれているから。
    入れ替わり(しかも男女)自体は古来からあるモチーフですが、時系列がずれている、未来を変えるというSF要素が加わることによってグッと話が面白くなったなぁと思いました。

    キャラクターで好きなのは、しっかりものの四葉。見た目的には司くんがストライクです(笑)。
    三葉の父親やテッシーに関しては、映画の中だと登場シーンが少ないのでうわべだけしか分からないのですが、角川スニーカー文庫から出ている『君の名は。 Another Side: Earthbound』を読むとよくわかります。
    映画の中にも、地方のしがらみみたいなのが描かれていて三葉が苦労しているシーンがありましたが、おなじような気持ちをテッシーや三葉の父親も抱えている。
    もしかしたらこういうしがらみって、都会でもあるのかも。ママ友関連とか会社関連とか、人とのつながりが濃くなる場面はよくあるし。

    さすが新海監督だけあって、映像がとても綺麗でした。
    夜空を彗星が流れていくシーンは、プラネタリウムを見ているよう。
    部屋の中をくらくして見たい気分です。

  • まだ会ったことのない君を、探している

  • 過去の話題作のストーリーをマージして新しい世界観を作り出してた。少女マンガ的な恋愛模様が人気の要因だろうけど、地域の杜の鎮守様が、より大きな運命から人々を助けるプロセスにこころ奪われてしまった。時間の流れを歪めるなんて、神様の世界のルールに抵触したに違いない。監督はどんな伝承を基に考えたのか興味深い。

  • 展開が読める。女の子が実は死んでいた・・・というところまでは良かった。後半がなぁ。もうちょっと捻って欲しかった。時系列の作品なら「僕は明日、昨日のきみとデートする」の方が終わり方は好きだった。曲はこの作品に合ってて良かったと思う。あと、声優を使えとあれほど。

  • 映画『君の名は。』やっと観ました。
    http://rimaroom.jugem.jp/?eid=2078

  •  光と陰、雲、雨、雪、美しいアニメーション描写を見ているだけである程度の満足感がある。 特に東京の映し方がリアルで、しかも東京という街が好きだという目線を感じてよかった。 残念なのは、さすがに音楽が煩すぎたこと。 盛り上げてくれるはずの音楽で逆に白けさせられてしまった・・・。

  • 主題歌共々、社会現象になった映画です。
    父が観たがっていたので一緒にamazonで観ました。

    言の葉の庭で光と植物の描写が好きだな、と思った監督でした。
    でも流行っていたからなのか何なのかなぜかこの映画は興味が持てず・・・。
    でもあまりのテレビの取り上げられ方と情景期間の伸び方に驚き(どうせ観る事はないから)とストーリーだけはネットで読んでしまい大体のことは知っていました。

    実際、観てみると確かに映像は綺麗でストーリーを知っていても少しハラハラしました。
    タイムラグ?を読ませないというか自然な流れ方でよかったです。
    いつ再会できるのかとも思ったし。

    ただ、再会できる場所、なんであそこなの?
    もっと最適な場所あったでしょ。
    あんな思わせぶりな描写しといて…。
    そこが不満。

    でも三葉の2人の親友も幸せそうでよかった。
    親友も報われていなかったら悲しかった。

    ストーリーはともかくとして映像美という意味ではテレビより大画面の映画館のほうが迫力あったかもしれません。

  • 逆夢だったなあ、これ。

  • 社会現象を巻き起こした作品です。
    ターゲット層が若者であることと、友人が劇場に見に行ったが内容がスカスカだったという評価をしていたのであまり期待はしていなかったのですが、思いの外面白かったです。

    新海誠作品を見るのは、かつてFlash全盛期に自主制作で作っていた短編の映像作品以来で、その時は一人ですべて作ったというすっごいキレイな映像作品が話題だったのですが、正直ストーリーがありきたりすぎてイマイチなイメージがありました。
    かなり古い情報なのですがその印象があったため、本作も映像はきれいだけどストーリーはグダグダで、スクリーンで見るオムニマックス的なものを想像していたのですが、もう全然感動できるいい作品でした。
    スマホが普及して、簡単に誰とでも繋がれそうな現代を舞台にして、会いたいけれど会えない、近づきたいけどすれ違う2人のもどかしさをうまく表現した名作だと思います。

    ただ、2点不満な点あり、1つはRADWIMPSがしゃしゃり出すぎな感じがしました。
    節目節目で歌ありの曲が流れて、映画を楽しんでいる途中でいきなりMVになります。曲はいいんですけど、ちょっと邪魔な感じがしました。
    あと、やっぱりプロの声優を使ってほしかったです。
    何を言っているのかわからないシーンが多々あって、映像面の技術は素晴らしいのですが、演技の技術の方も手を抜かずにしっかり作ってほしかったなと思いました。

  • 公開当初、あまりにも話題になっていたので少し敬遠してました。でDVDになったんで鑑賞。
    映像が美しかった。映画館で観ればきっと迫力あるより美しい映像で観られたでしょう。
    スマホっていろいろな事ができるんですなぁ、とか本筋とはあまり関係ないところに関心したりしてましたが、
    総じてよかったと思います。
    まあ、一度観れば十分かな。

全26件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

「君の名は。」DVDスタンダード・エディションを本棚に「観たい」で登録しているひと

「君の名は。」DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

「君の名は。」DVDスタンダード・エディションを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

「君の名は。」DVDスタンダード・エディションはこんな映画です

ツイートする