七人の敵がいる (集英社文庫)

  • 633人登録
  • 3.78評価
    • (45)
    • (109)
    • (72)
    • (11)
    • (1)
  • 91レビュー
著者 : 加納朋子
yocoさん 日本の小説   読み終わった 

編集者としてバリバリ働く主人公。
一人息子がいざ小学校へ入学。少しは手が離れると思いきや…?

PTAや自治会役員、父母の会など、子どもがいる家庭にはなかなか切っては切り離せない繋がりや、少し煩わしい責任たち。
どれもこれも私は未経験ながらも、幼い頃母親が「PTA役員になったらいやだなあ」とか、「何年に1回はやっておかないと」なんてぶつぶつ話していたのをよく覚えています。

ジャンルの違う様々な人の集まりで1つのことを成し遂げるのは、なかなか容易じゃないでしょう。
だからこそ、主人公がビシッと突き進む姿は痛快です。

物語の本筋ではないのですが、主人公家族の関係性には驚かされたりもしました。
こういうことを織り交ぜてくるあたりに、加納さんらしさを感じました。いろんな人がいて、いろんな家族の形がある。
同じ立場に立った時にまた改めて読み返したいですね。

レビュー投稿日
2014年8月16日
読了日
2014年8月16日
本棚登録日
2014年8月16日
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『七人の敵がいる (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『七人の敵がいる (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『七人の敵がいる (集英社文庫)』にyocoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする