アレイスター・クロウリーのおすすめランキング

プロフィール

1875年~1947年。イギリスの神秘主義者、魔術師。 ケンブリッジ大学在学中に「黄金の夜明け団」に入団。その後世界各国遍歴の旅に出、神秘主義結社を開設して数多くのオカルティズム文献を著述した。

「2017年 『麻薬常用者の日記〔新版〕 Ⅲ煉獄篇』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレイスター・クロウリーのおすすめランキングのアイテム一覧

アレイスター・クロウリーのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『法の書』や『トートの書』や『魔術―理論と実践』などアレイスター・クロウリーの全17作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

法の書

111
3.31

感想・レビュー

袋綴じの部分に、天変地異が起こるって書いてあるから、未だに読んでない。 もっと読む

トートの書

82
3.77

感想・レビュー

かなり難解です。 もっと読む

魔術―理論と実践

77
3.32

感想・レビュー

明治時代に現存していた、おそらく「最後の魔術師」奇才・アレイスタークロウリーの渾身の一冊。その理論、思想は驚嘆に値する。 目からウロコがおちます。 もっと読む

ムーンチャイルド (創元推理文庫)

69
3.53

感想・レビュー

おおお、『ムーンチャイルド』復刊されてる!!? もっと読む

麻薬常用者の日記〔新版〕 I天国篇

32
3.00

感想・レビュー

おもしろかった。クロウリーのイメージから覚悟していたほど性的な描写はなく、似た題名の『阿片常用者の告白』よりもずっと読みやすかった。クロウリーに親しみが感... もっと読む

新装版 777の書

21
5.00

感想・レビュー

世界各地の多様な密儀の言語を、数という普遍的象徴に翻訳し、神秘の奥底に迫った〈魔術的アルファベット論〉を開陳。 クロウリーの魔術哲学の中核をなす〈万物相互... もっと読む

アレイスター・クロウリー著作集 (5) 777の書

17
4.13

感想・レビュー

付録として収録されていた「数とは何か?」(タイトルはちょっとうろ覚え) は、初心者にも分かる文章で、数の概念を根本的に疑うところから説明してあり、面白か... もっと読む

クロウリーと甦る秘神 (アレイスター・クロウリー著作集 別巻3)

8
4.33

感想・レビュー

クロウリー最晩年の弟子、ケネス・グラントによるクロウリーの性魔術とその儀式体系の研究書。タイトルにある秘神とは、クンダリーニの上昇により呼び出される隠れた... もっと読む
全17アイテム中 1 - 17件を表示

アレイスター・クロウリーに関連するまとめ

ツイートする