The Secret Life of Bees

著者 : Sue Monk Kidd
  • Penguin Books (2003年1月28日発売)
3.79
  • (8)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・洋書 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9780142001745

The Secret Life of Beesの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • When Lily’s fierce-hearted black “stand-in mother,” Rosaleen, insults three of the town’s most vicious racists, Lily decides they should both escape to Tiburon, South Carolina—a town that holds the secret to her mother’s past. There they are taken in by an eccentric trio of black beekeeping sisters who introduce Lily to a mesmerizing world of bees, honey, and the Black Madonna who presides over their household. This is a remarkable story about divine female power and the transforming power of love—a story that women will continue to share and pass on to their daughters for years to come.

    ------------------------------------
    あらすじはアマゾンから!
    学校の授業で読まなきゃで、読んでたんだけど面白かったから楽しんで読めた!
    今回長めの小説を英語ではじめて、自分一人で読破したんだけど、まー時間がかかる!!笑
    日本語なら2時間で読める分量だなって思うけど、英語だと一章一時間はかかった。
    翻訳もされてるみたいだから、帰ったら翻訳のほうもよみたい。
    映画もあってそれは今期の授業の最後にも見るらしいからたのしみ^_^

  • 60年代の南部アメリカ。幼少期に母親を失い、一向に愛を傾けてくれない父親と母親代わりの黒人ロザリーンと暮らす主人公のリリー。ある事件をきっかけに家を飛び出したリリーとロザリーンは、養蜂家の黒人三姉妹の下へと辿り着く。そこで彼女らと蜂達とゆったりとした時間を過ごす内に、主人公はひた隠しにされていた秘密や自分の心の深い傷と向き合っていく。とにかく美しい小説だった。人間の心情にスペクトルがあるとすれば、その内の全てが描写されていた気がする。孤独な人間が救われていく様に始終涙が止まらなかった。表紙の絵も息を呑む程美しい。

  • 14歳のLilyは粗野で冷酷な父親と暮らしていましたが、ある出来事を切っ掛けに家出をする決心をします。「亡くなったおまえの母親は、お前を捨てて出て行こうとしていた」という父親の冷たい言葉を信じられず、本当の事を知りたいと、わずかな手掛かりを元にある町へたどり着きます。そして養蜂をして生活している3姉妹の所に滞在する事になるのですが…。

  • 日本語の題「リリィ、はちみつ色の夏」 
    映画にもなった。
    稲沢図書館にある
    内容:1964年サウスカロライナ。父親のもとを飛び出し、養蜂家の黒人姉妹が住む家にたどり着いた、リリィ、14歳の夏

  • 心温まる作品です。
    悲しいのに穏やかな気持ちになれます。

  • 母をなくした少女が、その面影を求めて一歩踏み出す。その一歩は、まだ差別の残る米国南部で、危なっかしく、でも自分に正直で勇気ある一歩だ。養蜂家の3姉妹が、とにかくとても温かい。

  • 60年代の米国南部、14歳の白人少女リリーが、亡き母の遺品を手に父の家を飛び出すところから物語が始まる。黒人の養蜂家の3姉妹との出会いなどを通じて、リリーは大人に成長していく。
    登場人物が魅力的、そして読後感がすばらしい。とってもオススメの作品です。

  • 購入予定本。

  • とてもよかったです。

  • Very American South. As warm and sweet as honey but not treacly. And a little bit magical. And also poignantly female.
    Lily is a white 14 year old girl in the American South at the time of the civil rights movement. When she was 4, she accidentally shot and killed her mother as she was packing to leave her husband. Lily now lives with an unkind father and a black servant/nanny called Rosaleen. When Rosaleen is arrested and beaten for spitting on the shoes of white men who don't like her registering to vote, Lily breaks her free and they make their way to a town whose name was scribbled on the back of a picture of a black Madonna, which is one of Lily's few mementos of her mother. It turns out this black Madonna is the symbol of three black sisters who keep bees, and they give Lily and Rosaleen a home, a magical haven with lots of love. August in particular teaches Lily not only about the secret life of bees, centered around the Queen Bee, but also that you make your own mother, and your own religion inside of yourself. The sisters have their own church called the Daughters of Mary and they have a strange but wonderful ritual involving a figure of a black Madonna, Our Lady in Chains. Because the book is told from the point of view of an imaginative young girl on the cusp of womanhood, it maintains a humorous innocence, and a sense of hope and wonder, through all the grief and pain.

全12件中 1 - 10件を表示

The Secret Life of Beesのその他の作品

The Secret Life of Bees 図書館 The Secret Life of Bees Sue Monk Kidd
Secret Life of Bees 図書館 Secret Life of Bees Sue Monk Kidd
The Secret Life of Bees (20-20 Special Edition) ペーパーバック The Secret Life of Bees (20-20 Special Edition) Sue Monk Kidd

Sue Monk Kiddの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

The Secret Life of Beesに関連する談話室の質問

The Secret Life of Beesはこんな洋書です

ツイートする