世界文学のフロンティア〈1〉旅のはざま

著者 : 今福竜太
  • 岩波書店 (1996年12月20日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 18人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784000261418

世界文学のフロンティア〈1〉旅のはざまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単なるアンソロジーとは一線を画する。「旅のはざま」というテーマは、紀行文学の寄せ集めではなく、亡命者/越境者/移民/難民‥ボーダーを彷徨う辺境の旅人の表現手段としての言葉の格闘にあった。境界は生き物のように動きズレる、決して安定しない。受け入れられない。母語を失い代わりに新しい言語が生まれる。いくつもの言語を操りながら自身の言語が見出せない。疎外感から生まれた強い眼差しが刺してくる。最後まで抗い戦うことへ決意。それぞれが難解なテキストで理解したとは言い難いけれど、それぞれから怒り悲しみ強い魂を受け取った。


    【収録作家】ルイサ・バレンスエラ、アルフォンソ・リンギス、エドワード・W・サイード、フアン・ゴイティソーロ、ジューン・ジョーダン、ギリェルモ・ゴメス=ペーニャ、グロリア・アンサルドゥーア、デレク・ウォルコット、トリン・T・ミンハ

  • 亡命者、移民、越境者...と翻訳。示唆に富む1冊だった。特にサイード「冬の精神」とジューン・ジョーダン「バハマからのレポート」が印象的。

全2件中 1 - 2件を表示

今福竜太の作品

世界文学のフロンティア〈1〉旅のはざまはこんな本です

ツイートする