ピーターと象と魔術師

制作 : たなか ようこ  長友 恵子 
  • 岩波書店
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784001156355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピーターは占い師に妹が生きていると、象が妹のいるところへと連れて行ってくれると告げられる。ユリの花を出そうとした魔術師は、貴婦人の膝の上に象を呼び出してしまう。象は伯爵夫人の元に飼われることになり、背骨の曲がった元彫刻師の男が世話をする。象は自分の名前を忘れてしまい、牢に囚われた魔術師は窓から空を見る。

    なんとも奇妙な物語。冬のどんよりとした空の下で紡がれる物語。
    しかしピーターの想いの強さが物語の閉塞感を切り開き、人々は集い奇跡を目の当たりにするのです。

    なんとも奇妙な物語。そして心温まる物語。
    物語が紡がれるということの幸福を感じ、物語に包まれる幸福を感じる。そんな物語の魅力を味わえる一冊でした。

  • 非常に淡々とした語り口のファンタジーです。
    淡々…というか、堅い。
    しかし内容は、あきらめず、流れをつかんで奇跡を信じて進む
    ってこと。

    設定も展開もまさにファンタジーです。
    最後に救われるのか…?は、読んでからのお楽しみ。

  • いろいろな人の人生が複雑に、そして感動的に絡まってできた奇跡の物語。

  • 10月に原書をこの本棚でご紹介したのですが、早くも邦訳が出版。児童書では定評のある老舗、岩波書店から。さすが、目の付け所が違う!岩波には優れた編集者、プロデューサーがいるのですね。出る本を見れば分かります。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。児童書と大人向けの作品の両方の分野で活躍。『ねずみの騎士デスペローの物語』(ポプラ社)で初めての、本書『空飛ぶリスとひねくれ屋のフローラ』で二度めのニューベリー賞を受賞。その他の作品に『きいてほしいの、あたしのこと――ウィン・ディキシーのいた夏』(ポプラ社)などがある。自分が作家であることを幸運に思っている。料理は苦手だが、食べることは大好き。ミネソタ州ミネアポリス在住。

「2016年 『空飛ぶリスとひねくれ屋のフローラ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケイト・ディカミロの作品

ツイートする