ニールス・ボーア論文集〈2〉量子力学の誕生 (岩波文庫)

制作 : 山本 義隆  山本 義隆  Niels Bohr 
  • 岩波書店 (2000年4月14日発売)
3.45
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :46
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (507ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003394021

作品紹介

二十世紀の物理学における最大の成果のひとつである量子力学。本書は、その形成に中心的役割を果たしたニールス・ボーアが、量子力学形成直後の1925年から晩年にいたるまでのあいだに、量子物理学の歴史をふりかえり、また、その後の発展の方向を展望した、18の論文と講演からなる。

ニールス・ボーア論文集〈2〉量子力学の誕生 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 購入詳細不明の本棚の飾り本。
    2014/10/31〜11/13

    ちょっと前に第一巻を読んだが、こちらは第二巻。ボーアの有名な原子模型の産まれる過程が、様々な文章から読み取れる。また、数多くの物理学の巨匠達の名前が凄い。物理学が最も熱かった時代だったんだろうな。
    物理学の道には挫折したが、やはりワシは物理が好きなんだろうなぁ。

  • センスを伴うカンは信じろと書いてある.

全2件中 1 - 2件を表示

ニールス・ボーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
チャールズ ダー...
J.L. ボルヘ...
チャールズ ダー...
ウィトゲンシュタ...
A. アインシュ...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

ニールス・ボーア論文集〈2〉量子力学の誕生 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする