杉下右京の多忙な休日

著者 : 碇卯人
  • 朝日新聞出版 (2015年10月7日発売)
3.24
  • (2)
  • (10)
  • (21)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :90
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022513069

作品紹介

無期限停職処分となった右京の前で起きた2つの事件とは-。アラスカの田舎町で、巨大な人食い熊が出現。次々と被害者が出るのだが…(「哀しきグリズリー」)。世界遺産となった北海道の知床連山で行なわれたトレイルランのレース中に、網走刑務所からの脱獄犯が紛れ込み…(「天空の殺意」)。大自然の中で繰り広げられる、盲点を突く右京の推理!!書き下ろしオリジナル小説第5弾!

杉下右京の多忙な休日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【あらすじ】
    右京は休暇を利用して
    大学時代の友人に会うためにアラスカを訪れるが、
    そこでは野生の熊に襲われる事件が起きていた。
    第2、第3の被害者が出て、
    凶暴な人食い熊も射殺されて一件落着と思われたが……。
    他1編を収録。
    大好評スピンオフ第5弾!
    【感想】
    わたしは、右京さんが一人で事件に遭遇し解決する話の本は、すべて図書館で借りて読んでいた。今回はアラスカでの話と北海道での話。結論から言うと、どちらもやり切れない事件だった。でもそれは変えることのできない事実であって、右京さんはその事実が途中でどんなに残酷だとわかっても、決して事件の真相を明らかにすることを諦めない。その芯の強さに感服した。そしてそれが、やっぱり改めて右京さんらしいなあと思った。

  • 2編共に熊が関わっているのは、執筆中に作者さんの中に熊ブームがあった(笑)?
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/14502167.html

  • 初期の作品はそれほど面白く感じなかったが、本筋のドラマが迷走しているせいか思いの外すんなり読み進めることができて面白かった。第二話のように一筋縄ではいかない事件の真相がいかにも相棒らしくて良い。

  • 今回は熊にまつわる事件が海外・国内ひとつずつ。
    人食い熊と、登山レースの話。

  • シリーズ第5弾。アラスカ・グレイシャーベイを舞台にした「悲しきグリズリー」と、知床を舞台にした「天空の殺意」。世界遺産とクマつながりの2篇。甲斐享の件で無期限停職中とあるので、時は2015年の夏。テレビドラマで言うと、シーズン14の直前。どちらもやるせなくなる悲しいお話。カナダのリッチモンド、人口20万のうち4割以上が中国人ってすごいね。

  • 右京さんソロで事件を解決するシリーズももう5冊目。タイトルも長めになったりしてますね。

  • トリックが簡単すぎる。やっぱりねって感じだした。

  • 相棒スピンオフシリーズ。

    カイトくんが懲戒免職となり、杉下警部が無期停職処分を食らっている頃のエピソード。

    休職中にまさか熊が絡む事件に2件も関わっていたとは(笑)。右京さんと自然って何だか妙な取り合わせに思えるけど、そんなアンバランスさも面白い。どこに行っても、いかにも右京さん、という言動の描写がなされており、相棒世界の話として違和感なく読めた。
    「哀しきグリズリー」のほうが終盤に予想外の展開が待ち構えていて面白かったかな。「天空の殺意」のほうは、興味深い展開ではあったけれど、さすがに後味が苦過ぎる結末だったかも。

  • クマ ですか....

  • ビミョーに熊つながりの中編2作。
    さらっと軽く読めてよい。
    2話目が、細かいハウダニットを解き明かしていくとフーダニットにもなるという趣向で面白かった。細かくねちこく推理が進むのも、右京さんならでは。

全17件中 1 - 10件を表示

杉下右京の多忙な休日のその他の作品

碇卯人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
東野 圭吾
湊 かなえ
村田 沙耶香
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
池井戸 潤
又吉 直樹
米澤 穂信
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

杉下右京の多忙な休日に関連する談話室の質問

杉下右京の多忙な休日はこんな本です

ツイートする