コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.64
  • (8)
  • (13)
  • (16)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 211
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784023314849

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンセプトはサーチライト

    目と手と頭が一体になっていることが必要

    組織や個人の「ビジョン」と具体策「(現実9」の間を行ったり来たりする論理的な「マネジメント軸」とターゲットと商品・サービスの間を行ったり来たりする主観的で感覚的な「コミュニケーション軸」。コンセプトはこのふたつの相互作用を通じて生まれる。このふたつの軸を両立させる思考方法こそが身体的思考

    コンセプトは、「ビジョンの実現に向けて課題を解決する新しい視点」

    イノベーションは「ひとの行動・習慣・価値観にもう元には戻れないような変化をもたらすモノ・コト」

    メタファーの利用



  • コンセプトについて記された素晴らしい一冊。

    ◾️メモ
    ・身体的に進むべき方向を実感できることが優れたコンセプトの特徴。
    ・イノベーションには二つの相互作用が必要。ビジョンと具体策のいったりきたりの客観的論理的なマネジメント軸とターゲットと商品サービス間のいったりきたりの主観的で感覚的なコミュニケーション軸。これを両立させる思考法が身体的思考。
    ・イノベーションは単なる技術革新でなく、人の気持ちを動かして、行動習慣価値観を変えて初めて成立する。
    ・ビジョン無くしてコンセプトはできない。単なる金儲けを超えた基本的価値観と目的意識がビジョン。
    ・一見すると非合理だが、コンセプトからすると一貫した具体策をクリティカルコアという。真似できないのでなく、サーチライトが違うからまねしたくならないもの。
    ・課題はターゲットはなぜ商品を買わないのだろう?と表面的でなく気持ちとして描かれるようなもの。イノベーションはコミュニケーションの問題でもあるため。
    ・イノベーションを作る発想プロセス ぐるぐる思考。
    感じる、散らかす、発見、磨く。

    ・ぐるぐるの準備
    今の常識ってなんだろうを考えると。新しいサーチライトが欲しいので、まず古いサーチライトを知る。一旦今の常識に意識を向けることが効果的。

    ・ステップ1 感じるモード
    食材を得るようにコンセプトの材料をあつめる。プロジェクトに固有の情報、あらゆる出来事に関する一般的な情報。
    こびとの世界。あの人ならああしそうという感覚の集合体をつくる。判断せずになんでもふむふむととりこむ。資料から他人の脳みそを獲得し、自分の身体感覚を組み合わせる。とりあえずふむふむ重要。
    ・ステップ2 散らかすモード
    どうすればターゲットの気持ちを動かせるかを目的に生々しく考え抜く。整理しない。問いをたてまくる。合理的でもなく、素直でもないこびとを口説くことを考える。商品サービスターゲットの間をいったりきたりする。
    時代社会、生活者、商品サービス、競合という四つの切り口。
    ・ステップ3 発見モード
    こびとの気持ちが動く身体的な実感を言葉に翻訳する。メタファーが感覚を現実世界で他人に通用する言葉に変換してくれる。空飛ぶバス、芸術は爆発だみたいな。
    なお、ここでのコンセプトは複数見つかることも。文脈によって、変わってくる。
    ・ステップ4 磨くモード
    新しいサーチライトに従ってその分野専門家を集め、ゼロベースで全体を構築する。こびとの感覚がコンセプトを通じて共有され常識を覆していく。具体化はプロに任せることが重要。
    そこには死の谷が三つある。
    理解の谷。脳みそと身体感覚のせめぎ合い
    習慣の谷。今の常識を具体策に他の人がまねしたくならなきものを設定して乗り越える。
    根気の谷。最後まで粘り強くとりくむ。

    ・一度これを回すと、情報がさらにふってくるため、再度感じるモードへ。ぐるぐるの連続へ。こびとの精度をあげてゆく。

  • 主観と客観をクロスさせるという当たり前だが忘れがちな点が明示されている。

    ビジネス書にしては、小ぶりで珍しい感じの装丁。

  • この本はまさにデザイン思考の本である。

  • 曖昧な表現に逃げずに「コンセプトとはサーチライトだ」と明確に定義しているのが良かった。
    非常にわかりやすい。

    あれこれ色々な話を出してくるのではなくて、一本筋の通ったやり方が書かれていて非常に勉強になった。

    作ったコンセプトの確認法も載っていたので非常に有用だと思う。

  • 2017/1/8

  • 優れたコンセプトがなぜ生まれたのか?
    逆方向から考えるトレーニングで考え方のコツを掴みたい。
    図解をいろいろな課題解決に使いたい。
    ワルのりも天国のぶたも確かに魅力的。

  • ひさしぶりに本業系統の本を読んだ。

    マネジメント軸とコミュニケーション軸から成る
    十字フレーム、実践してみよう。

  • 購入

    何か企画のようなものを考えようとするとき、必ず最初にコンセプトを定める必要があると思っていた。しかしそれがなかなかうまく掴めない。そんなことを悩んでいた時期に手に取った本。
    コンセプトは単なる思いつきではなく「ビジョンの実現に向けて課題を解決する新しい視点」という説明にとても興奮した。新しい視点、ということが重要なのだと思う。

    これから何かを企画しようとしている人、いま躓いている人にはいい刺激になりそう。

  • 成熟化し複雑化している今の世の中で、課題を解決していくためには「その手があったか!!」と常識を覆すイノベーションが必要である。

    イノベーションは、正しく論理的に考え正解を探すだけでは起こすことは出来ない。

    イノベーションには、優れたコンセプトが必要である。
    優れたコンセプトを作るためには、ビジョンから解決策までを一貫して整理するマネジメント軸と顧客と製品を本音でつなぐコミュニケーション軸の2つの思考の軸の相互作用が必要である。

    そして、この相互作用を起こしていくためには頭で考えるだけでなく、実際に体感して考える身体的な思考が不可欠である。

    身体的思考には、「感じる」「散らかす」「発見する」「磨く」の4つステップがあり、これらのステップを行ったり来たりとぐるぐると回っていくことで、世の中にイノベーションを起こせるコンセプトを作ることができる。

全12件中 1 - 10件を表示

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法のその他の作品

山田壮夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
ジェームス W....
チップ・ハース
クリス・アンダー...
リンダ グラット...
冨田 和成
松村 真宏
佐々木 圭一
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

コンセプトのつくり方 たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法を本棚に登録しているひと

ツイートする