ひとりだけのコンサート

制作 : ペーター・クノル  Peter Hartling  上田 真而子 
  • 偕成社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037264208

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • う〜ん。。。
    なんとも現実にありそうな。。。
    児童書なんでとっても読みやすい。
    でもなんだろう。。。このしっくりこない感じは。。。
    もちろん、必ずしもハッピーエンドで終わらなければいけないなんてことない。
    でも、あまりにも後ろ髪を引かれる思いが。。。
    自分もまだまだだな。。。

  • フレンツェと父親のヨハネスとお母さんは、家族三人、何事もなく過ごしていた。父親は、仲間とともに会社を起業し、順調な毎日だった。新しく家を買う予定まで立てていた一家だが、数日前から、ヨハネスの様子がおかしく、ふさぎ込んでばかり居る。ある日、新しい家の話題をしたところ、ヨハネスは突然にかり出す。そして、昼休みに家に帰る途中、フレンツェは、まだ仕事しているはずのヨハネスが、店でお酒を飲んでいるのを見つけてしまう。
    優しい両親、楽しい家族。人は成長とともにかわっていくもの。それが悪い事もあり、良いこともある。大人はいつの間にか成長しなくなり、変化しなくいものだという思いこみがあるのかもしれない。しかし、時によって大人も変化する、成長とは言えないかもしれない、そして、まわりを巻き込んでしまう。悪いのは誰? 主観によっては、この中の登場人物のひとりをなじれるかもしれない。しかし、簡単に片づけれれない、世の中を、ヘルトリングはうまく切り取っている。常々思うが、ヘルトリングの作品は、ぜひ両親も一緒に読んで貰いたい。

全2件中 1 - 2件を表示

ペーター・ヘルトリングの作品

ひとりだけのコンサートを本棚に登録しているひと

ツイートする