おはようとおやすみとそのあとに (4) (フルールコミックス)

  • KADOKAWA/メディアファクトリー (2016年2月17日発売)
4.04
  • (14)
  • (22)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :138
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040680491

作品紹介・あらすじ

オカン系シェフ×新米クリエーター
心あたたまる同居生活、完結。

STORY>
「この先ずっと男二人で暮らしていくつもり?」
開人と伊介の関係が、貴見谷瞬にバレてしまった。
瞬は伊介に、親や友人にも開人との関係を
ずっと秘密にしていけるのかと問う。
二人は、友人の廣乃にカミングアウトすることを決めるが!?

「おはおや」シリーズ感動の完結巻!!

描きおろしマンガ1話分収録☆

おはようとおやすみとそのあとに (4) (フルールコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんとなくしんみりした雰囲気の巻だけど、二人の気持ちがしっかりしてるから揺るがなくていい。

  • ラブラブ甘甘カプの最終巻。名残惜しい~っ!
    でもこの巻、店長とアイドルのふたりに全部持って行かれた(笑)
    なにふたりでハワイって?! スピン出して、プリーズ♪

  • 完結巻。

  • 終わっちゃった…しょぼぼぼ

  • 完結してしまいました。この日常を覗いている感じが好きでした。伊介がやっぱりさっぱり男前で、素敵でした。
    完結だけど、続きが読みたい。伊介の実家に行って、開人の両親にあって、廣乃にはちゃんと伝えて。廣乃には受け入れられたけど、家の方はどうなんだろう。そして二人でお出かけしてしまったオーナーと瞬!どうなるの?どうもならないの?

  • はあぁ(;ω;)終わってしまった!ラブラブケンカップル完結♡彼らを取り巻く人達はみんな暖かいな。些細な気遣いも言葉足らずな思いも開人と伊介は彼らのペースでこれからも乗り越えていくんだろうな。ほっこり温かくて優しい気持ちになれるそんな作品でした。
    これで終わりなのがもったいないと思えるくらい完結してしまったのが寂しいです。できれば番外編として瞬とオーナーの話とかもみたいですねw

  • 最終巻。これで終わりは寂しいけど、お互いの家族に顔見せは出来たし、良い終わりだった。恋人ですとはさすがに紹介できなかったけど、いつか廣乃に言えたように、言えるといいな。ていうか、廣乃良い子だなあ。わかってたけど、いてくれて良かったってここにきてすごく思った。戸惑っただろうにいつも通りでいてくれて、その笑顔に救われる。「血の繋がりとか法律で決められた関係だけが『家族』じゃない」ほんと、良いこと言った^^ しかし、開人は本当に出来た男というか、緊張するとか言っておいて伊介の家族をさらっとたらしこんでて笑ったw末永くお幸せに!

  • 最終巻!

    やっぱりこの二人はいいな~。
    自然な感じがする。
    物語は終わっても、きっとふたりはこんな毎日を過ごすんだろうな。
    微笑ましく読了。
    優しい余韻をありがとうございました!

全8件中 1 - 8件を表示

おはようとおやすみとそのあとに (4) (フルールコミックス)のその他の作品

波真田かもめの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おはようとおやすみとそのあとに (4) (フルールコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする