お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」

著者 :
  • KADOKAWA
4.00
  • (18)
  • (20)
  • (8)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :248
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041032190

作品紹介・あらすじ

「ローマ帝国は“脱税”で滅んだ」「ナポレオンは“金融破綻”で敗れた」――お金の流れを読むだけで、歴史はよくわかる、さらに面白く見えてくる!「お金」「経済」「権力」の5000年の動きを徹底的に追跡調査!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 経済面から世界史を説明した面白い本。これを読むと経済が引き金になって世界が動いているのがよくわかる。
    その時代の経済を生かすための地の利や知識があり、徴税システムがしっかりしている国が順番で発展していくのが興味深い。

    次はどこの国の時代か?

  • オーディブル

    世界の流れをお金の流れを根拠に一気通貫で説明

    徴税制度と国家存続
    国力と資金
    など直感で理解できる軸に歴史的な国家や登場人物、出来事を絡めているのでなるほど理解しやすい

    3度ほど読み返したい本

  • オーディブルで聞いた。

    オーディブルで聞いた中では指折りに面白く聞けた。紀元前から近現代まで、文明の盛衰にお金がどのように絡み、影響を与えたのかを解説している。

    文明の斜陽には経済状況に対する民衆の不満が絡んでいる。国を運営するものと民衆との間にいる官僚などが搾取することで、税は上がるのに国の財政は良くならず民衆はますます搾取されるという状況が生まれる。
    また、戦争についても、自国の利益や既得権を求める余り、他国を押さえつけようとして、その結果戦端が開く、など。

  • 嫌いな歴史に興味が湧くお金の流れでわかるシリーズ。是非子どもに読ませたい一冊。かつ、私が学生の頃に読んでいれば社会の授業時間を有意義に過ごすことができただろうな〜という一冊。
    遠い国の遠い時代のことも身近に感じて、考えることができるのでとても分かりやすい。

  • 古代エジプト、古代ローマ、オスマントルコ帝国、モンゴル帝国、スペイン、ポルトガル、ユダヤ人、中国、ナポレオン、大英帝国、ロスチャイルド家、アメリカ、ナチス、日本、二つの大戦、ソ連崩壊、リーマンショック。
    歴史の背後にある、お金の流れが非常に興味深いです。

  • Audibleで行き帰りの通勤時に車で聴いた。確かに著者の言う通り、お金の流れから世界史を見てみると、それまではスポットライトの当たることが少なかった出来事や通説とされている事件の裏側、なぜその通説が起きるに至ったかを垣間見ることができて面白かった。古代エジプトが栄えたのは国の徴税システムが優れていたからでそこから派生して生まれたのがユークリッド幾何学であるという話や、最近小学館で何かと話題になったチンギス・カンがモンゴル帝国を破竹の勢いで拡大できた経済・宗教的背景や、エリザベス1世が海賊を利用して国に富を蓄えたとされる裏話など興味深い歴史史実の断片を知れた。
    また、ブレトン=ウッズ体制、ひとつの国の通貨を世界基準とすることの本質的な矛盾などについても詳説されており、単なる歴史本としではなく経済を学ぶ上でも参考になると思った。

  • お金の流れをたどると国の繁栄と没落の理由も納得できるという主旨の内容です。徴税システムの歴史をたどると、これからの進むべき道もわかるかも?
    一部の裕福層が税金を逃れようとすると革命が起きるというところがなるほどなと思った。

  • Audibleで聞きました。
    主張が一貫しているためとてもわかり易い。大企業に逃げられないように企業向けの税金を優遇して消費者から税金を回収するようではどんどん格差が広がっていく、というのが歴史に当てはめると納得がいった。2015年になっても本書の懸念は払拭されるどころかますます強くなり終末時計は残り2分で過去最短となった。先行き不安である。

  • これまで語られてこなかった、歴史の裏側にあるお金の流れを解き明かした一冊。

    なんとはなしに全く異なるものとして認識されがちな行政(政治)とビジネスだが、本来的にお金というものを媒介に動く、という点ではそもそも似ているものなのかもしれない。
    その意味で、本著はまるで、各国を巨大企業としてみた「国家というビジネス」の来歴を鳥瞰できる良著。

    ・国はいつの世も、税徴や法システムを適切に構築したものが業績を伸ばす
    ・高圧的な政策は、反発や逃避を増長させてしまい、良い結果を導かない
    ・資金調達に長けた国家が反映し、失敗した国家が衰退する

    こうした本著で繰り返し語られる、各国の衰勢プロセスは、現代の企業経営にも多くの示唆を与えうると感じた。



  • タイトル通りお金を中心に、世界史を振り返る本。
    切り口が斬新で大変面白かった!!!

    - なぜ、イギリスはそこまで栄えたか?
    - 狡猾な殖民地支配、産業革命の背景、海賊の容認
    - アメリカの繁栄の歴史
    - ドイツの歴史
    - インド、オスマン帝国、元の話
    - 中国の歴史 (紙幣の発行は中国 北宋が最初!?)

    - 国の繁栄と没落のパターン
    国の大胆な施策、税制改革によって、産業栄える

    徴税人の腐敗、取りっぱぐれ、貧富の差の拡大

    没落

    自身が疎かった世界史について、ザックリと復習できたし、こんな捉え方が出来たんだーー。と目からウロコだった。( 少し誇張してる部分もあるかもだが、、)

    また、エリザベス女王って実は海賊応援して悪いことしてたんだよーー。とか、ヒトラーも最初は名目あって、ノーベル平和賞候補にノミネートされたことらあるんだよーー。とか、アメリカの、、
    とか色んな喋りたくなるウンチクも手に入ります。笑

    因みに元国税の人が書いてます。

    是非!

全26件中 1 - 10件を表示

お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」のその他の作品

大村大次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジャレド・ダイア...
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」はこんな本です

お金の流れでわかる世界の歴史 富、経済、権力・・・・・・はこう「動いた」を本棚に登録しているひと

ツイートする