メタモルフォーゼの縁側(3) (単行本コミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.22
  • (9)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 170
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (146ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041082249

作品紹介・あらすじ

相手を気づかうからこそ、優しさに悩むこともある。そのひとことが背中を押してくれることもある。年の差58歳のBLともだちは、少しずつ変わりはじめる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱり良い漫画だ!

  • おおー、ついに一緒にサークル参加ですか!!このコンビが実際に出てきたら注目されそう。

  • 第21話
    第22話
    第23話
    第24話
    第25話
    第26話
    第27話
    第28話
    第29話
    第30話

    22話の、うららがお母さんに
    何歳かになったら「やってもいいよ」ってなる時が来るのかと思ってたけど
    別にいつでも
    今やってもいいんだなーと・・・
    って台詞がとても好きだなぁと思いました。

    大人と言われる年齢になると何かをはじめるのはやっぱり難しくて、でもやりたいことがあるってのはいいことなんだなーと、第21話の市野井さんのわくわくの気分も、遠くの本屋に欲しい雑誌を買いに行ってそれを読む楽しみがあるというのも、ただの生活が、これからする楽しいことで満たされる。幸せを感じておくれるってすごい幸せなことなんだなーと。うららさんのように漫画を描くことはないだろうけど、うららさんや市野井さんと近い人種なので、読んでいて、とっても同調してしまうところが毎話あります。
    また次の巻を楽しみにまっているのは、うららさんや市野井さんと同じだな。

  • 今回はそないに。出展が楽しみやね。

  • 出ました!
    58歳差の友情を描いた作品ですが、確かにいまの60代70代は精神的に若いよね。
    いよいよ、コミケ?までさいかないかもですが同人誌ブース出す側にまわるらしい(^o^)
    頑張れ!

    2019/06/17 更新

  • 2019このマンガがすごい女子1位。BL(ボーイズラブ)で繋がった女子高校生と75才おばあちゃん。3巻では女子高生は進路を考え、おばあちゃんは断捨離を。二人は東京ビッグサイトでのコミケ出店を目指す。

  • 受験間近なのを理由に、バイトを切り上げたり、行くつもりだった冬のコミケをパスしたり、悩んでいたけれど、全ては最後の方の、コミケに作り手として一緒に参加しませんか?を言うためだった。それをどっしりと受け止めてもらえて。次巻が楽しみ。

  • 波長が合う人といるのは心地いいし
    合わない人といるのは地獄なんだな

全8件中 1 - 8件を表示

メタモルフォーゼの縁側(3) (単行本コミックス)のその他の作品

鶴谷香央理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

メタモルフォーゼの縁側(3) (単行本コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする