丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。8 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
4.21
  • (6)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041094167

作品紹介・あらすじ

新垣澪は、一流企業吉原不動産の子会社「第六リサーチ」の若手社員。
仕事内容は幽霊物件の調査で、憧れの丸の内OLとは程遠いが、気の合う仲間とそれなりに楽しく過ごしている。
リゾート開発を進めている本社からの依頼で、茨城県の海辺にある民宿に向かった一同は、泊まり込みで調査をすることに。
チーム唯一の女子として一人部屋を与えられた澪を訪ねてきた恐ろしい存在とは!?
オカルトお仕事物語、シリーズ初長編!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鎮める為に建てたはずが。
    居場所があると分かれば、どんな者でも寄ってくるのは生者も死者も同じなのだな。
    事の発端であるインチキ霊能者さえ居なければ、変な気苦労もすること無く安心して逝けたのかもしれないな。

    「東海林が犯した罪」
    冷静に考えれば分かる事。
    一つ一つの出来事を丁寧に紐解いていけば、もっと早く答えを見つけれたかもな。
    これだけの事が起こったら、全てを捨てて新しい人生を歩み始めても仕方ないかもしれないな。

  • サーファーの幽霊のお話。マメどうしちゃったのーーー

  • シリーズ初の長編。個人的には少し消化不良な感じで終わってしまった。

  • 読みやすい、続編も楽しみ。

  • マメが心配…

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

山口県出身。東京都在住。小説投稿サイトから人気に火が付き、2011年「シミ。~純愛、浮気、未練、傷跡~」(宝島社)でデビュー。作品に『リキッド。』(講談社)、「神戸栄町アンティーク堂の修理屋さん」シリーズ、「神様のいる診療所」シリーズ、「神様たちのお伊勢参り」シリーズ(双葉文庫)などがある。

「2021年 『丸の内で就職したら、幽霊物件担当でした。10』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹村優希の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×