灯を落としたあとで (あすかコミックスCL-DX)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (3)
  • (7)
  • (14)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 135
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041200766

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん。ストーリーがだいぶ強引な印象。細かいとこが気になって入り込めなかった。仕立て屋とかすごい好きなのにな。もったいない。


    「灯を落としたあとで」2話 「灯がともる前に」社長の鷹野×仕立て屋の匠
    「長い道の先に/道の果てにふたり」造園会社の社員・飴村×その家の息子で会社員・創
    「晴れた雪の日」深津×宮永 大学の山岳部の後輩×先輩
    「重ねる恋は」ストーカー気味の社長・岩隈×苦学生・高橋

  • ・表題シリーズ 社長×テーラー
    ・植木職人×坊ちゃんのシリーズ
    これは受が大人の男なのにすごく乙女で女々しかった…
    ・雪山で遭難した大学の有名人後輩×ツンツンの先輩
    なびかない先輩が良かった!
    ・ストーカーぎみの次期社長×大学生

    大人の男女の話だったら全然違和感ないのにな、という
    しっとり恋愛(の一部分を切り取った短編)を描かれます。
    でもBLなので、どっちかがゲイだとかの背景がないと、
    すごく不思議な感じ…

  • 仕立て屋、造園業の話はすごく好みだったのでもう少しじっくり読みたかったなあ。それにしても見事に全部着衣エロでしたね。雪山+山小屋+遭難で裸であたためあわないとは新鮮(笑)まあ表情だけで充分色気ムンムンなんですけど!

  • スーツを作る、好きな人のために…ものすごく萌えたのです。 
    これ読んでたら「恋のつま先」が読みたくなった。ベスト着用かしづき男子が好きなんだなw

  • 仕立て屋の匠はある日店にとびこみできた鷹野にスーツを仕立てることになる。常連でもない、特に親しくしたわけではないけれど、匠にとって鷹野は誰よりも特別なお客様になっていくけれど…?

  • うおおおお表題作の人たちの設定(スーツ仕立て屋と社長)がときめくのでこれだけで1冊にしてほしかった!

  • どれも展開が性急すぎる;そんな簡単にやっちゃっていいの・・・(苦笑)もうちょっとくっつくまでのプロセスがほしかった。最後の「重ねる恋は」が一番好きでした。その後読みたいー。カバー下の漫画じゃ物足りない(笑)

  • セツコさん…絵も雰囲気も好きなんだけど超急展開な所だけがどーにも…
    表題作の仕立て屋の話をもっとじっくり読みたかった。

  • 思いが通じ合うのが早すぎて心情の機微が見えませんでした。綺麗で丁寧な絵と雰囲気で見せているだけ。 筆者の他の作品もいくつか読みましたが似た様な感じだったので作風なのでしょう。

  • ラブです。いろんなカプがいておいしいです。きゅんです〜。

全11件中 1 - 10件を表示

灯を落としたあとで (あすかコミックスCL-DX)のその他の作品

加東セツコの作品

灯を落としたあとで (あすかコミックスCL-DX)を本棚に登録しているひと

ツイートする