ハッピー・バースディ (角川文庫)

著者 :
制作 : 中島 美弥 
  • 角川書店
3.11
  • (11)
  • (11)
  • (52)
  • (17)
  • (3)
本棚登録 : 209
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041600122

作品紹介・あらすじ

あなたが傍にいてくれるからあたしはとっても幸せ。初めて書いた小説が新人賞を取って、ベストセラーになったのも、あなたが勧めてくれたから。だけどあたしを脅かす、一本の電話がかかってきて-。大学の先輩だった公人と結婚したあきらは、家ではもちろん、仕事でも成功し、幸せな時間を過ごしていたはずだった。だが、たった一瞬の偶然の出会いが、あきらの世界を壊しはじめる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どうもこの作者の文章の進め方は苦手…
    なんとか最後まで読んだけど、次はないかな。

  • 私にとって初めての出会いの本でした。
    小説全体を通して、文章中の名詞(固有名詞)に続く接続詞がないんです。
    それもところどころにはあったり時々突如なかったり。
    接続詞をつけないのには、作者さんのストーリーに対する思い入れや
    何か深い意味付けなどがきっとあるのでしょうとは思いましたが
    習慣性なのか接続詞のない文章には少し抵抗があるな..と読み終わるまでの間
    ずっと(慣れることなく)違和感を感じていました。

    ストーリーはユーモアミステリーでなかなか面白かったです。

  • 文章が上手ではない気がする。言い回しや表現がいちいち鼻に付く。あまりにもイライラするので、母さんと姉ちゃん二人とみんなで読んだ!笑

  • あなたが傍にいてくれるからあたしはとっても幸せ。初めて書いた小説が新人賞を取って、ベストセラーになったのも、あなたが勧めてくれたから。だけど、あたしを脅かす、一本の電話がかかってきて
    大学の先輩だった公人と結婚したちきらは、家ではもちろん、仕事でも成功し、幸せな時間を過ごしていたはずだった。だが、一瞬の偶然の出会いが、あきらの世界を壊しはじめる。

  • 久しぶりに新井素子を読んだ。
    裕司の母が、もう耐えられないほど嫌でした。
    明も好きになれない性格。
    裕司も自己中ですが、一番まともでしたね。

    新井さんは、SFっぽい方が好きだな。
    星へ行く船読みたくなった。

  • 大きな誤解からこの本を読みだした。
    新井素子のエッセイやと思ってたのである…読みだして小説やと分かった、ほんでもまだ誤解していた、幸せなほんわか話やと思ったのである。

    「くますけ…」書いてる新井素子やねんから、そらこういうのも書けるわな

    新井素子文体で日常ホラー書かれると独特な感じで偏執さが強調されて怖い、普通の兄ちゃんと普通の兼業主婦が壊れていくさまがなんとも怖い…途中までは

    二人の行く末がなんとも微妙。明暗を分けたという感じなんだけど、これで良かったのか明!

    久々に新井素子読むと最初とっつきにくいわぁ。やっぱこの文体は独特やね。ほんであとがきにも書いてある通り、設定は結構昭和です。着拒も携帯メールもおいてけぼりですが…固定電話とポケベル時代に青春を謳歌した人には、小説内の危機感分かると思います

  • キツかった。というのが嘘偽りない感想。と、言っても駄目な小説ではないんです。理由は2点。
    1:序盤において、作中の人物・あきらが追い詰められたのと似たような経験があった。
    2:私自身、一歩間違えば中盤のあきらと同じような状態になってしまったかもしれない。
    という事で。途中、読むのをやめてしまおうかとも思いましたが、読了出来たのは物語が引き込む力を持っていたという事なのでしょう。決して気持ちの良いお話ではありませんが「おしまいの日」や「くますけと一緒に」などの『そっちの方向の新井素子』がお好きな方でしたらどうぞ。

  • 自分ではそんなにとは思わないでしたことが、相手にとっては、いかに酷いことか。いわゆるいじめっ子といじめられっ子のパラダイムの違いが浮き彫りにされている。立ち直ったかのように見える主人公が実は深く狂っている。読後、涙が止まらなかった。

  • うーん。
    なんかあまりおもしろくない。
    今をときめく有川浩が解説にてべたぼめしてますが、、、
    次はないかな。

  • 大学の先輩だった公人と結婚し、初めて描いた小説が新人賞を取ってベストセラーに。幸せだったあきら。しかし、予備校生の裕司との偶然の出会いから一変。自分のちょっとした気まぐれが他人の生活を、心を崩壊させてしまう。恨みをかう。日常に潜む恐怖。

全26件中 1 - 10件を表示

プロフィール

一九六〇年東京生まれ。立教大学独文科卒業。高校時代に書いた『あたしの中の……』が第一回奇想天外SF新人賞佳作を受賞し、デビュー。一九八一年『グリーン・レクイエム』で、八二年『チグリスとユーフラテス』で日本SF大賞を受賞した。他の作品に『……絶句』『もいちどあなたにあいたいな』『イン・ザ・ヘブン』『銀婚式物語『未来へ……』等多数。趣味は碁。日本棋院の「囲碁大使」を務める。

ハッピー・バースディ (角川文庫)のその他の作品

ハッピー・バースディ 単行本 ハッピー・バースディ 新井素子

新井素子の作品

ハッピー・バースディ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする