奥さまはマジ (角川スニーカー文庫)

著者 : 火浦功
制作 : 花見沢 Q太郎 
  • 角川書店 (1999年3月発売)
3.15
  • (1)
  • (5)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
  • 93人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041627105

作品紹介

「お父さん、お母さん。私は、今、ゲリラの先頭に立って、政府軍と戦っています-」外国で幸せな新婚生活を送っているはずの娘から届いた一通の手紙。しかも、娘はなんとゲリラを引き連れて、突然帰国した…。平和な家庭が戦場と化す表題作ほか、ハーフボイルド探偵・大城武の活躍を描く「だいじょうぶ事件簿」、そして現代を生きる抜け忍高校教師・桃太郎の日常を活写した「てなもんや忍法帖」を一挙収録!カリスマ作家・火浦功が贈る有り難い世紀末爆笑小説。

奥さまはマジ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこかずれてる登場人物たちが面白いです。

  • 実は実在しないかも?という都市伝説まである、
    未完作が沢山ある火浦功先生の短編+未完作集。

    ナンセンスギャグがOKだとハマりますが、ダメだと
    イラっとすることうけあいの1冊です。

    書かれた、いや発行されたのが13年前とはいえ、
    作者挨拶再び、の文章が今年読むとあまりに許せないので
    ★を減らしてしまいました…冗談でも言ってはいけないんですよ。
    今だったら編集段階でダメ出しが絶対出てます(´д`)

  •  結婚して外国に行った娘から、近況を知らせる手紙が届いた。

    「お父さん。お母さん。――私は、今、人民のために、ゲリラの先頭に立って、政府軍と闘っています――」

     父親は卒倒した。
     某国に海外出張に行くダンナに同行していった、新婚ホヤホヤの愛娘。体中のどこに入れても痛くないその娘が、ゲリラの先頭に立って政府軍と戦っているその娘が、ダンナと一緒に突然帰国した。よりにもよって、そのゲリラたちを引き連れて――。
     平和な日本の一家庭に突然持ち込まれた「戦争」を、ギャグ満載で綴った表題作をはじめ、書いているうちに連載が自然消滅したという伝説の尻切れとんぼ作品(ちなみに火浦功が手懸けたシリーズで無事に完結したものは皆無)などを掲載した短編集。
     天然ボケ気味の娘がお昼に素麺をすすっている途中で、「ちょっと戦争」と言って、追ってきた政府軍と戦闘をする様がとてもシュール。ギャグもシリアスも上手に演出されていて、それだけに、エンディングでボブ・ディランの「風に吹かれて」が引用されているのが余計に印象的でした。

    【戦争は常に平和と地続きである。火薬の臭いがするかしないか、の違いだけだ。】

     その他に、カエルになってしまった父親にショックを受けて家出した娘の捜索を依頼された冴えない探偵とか、自由と美味い食い物を求めて抜け忍となった、やはり冴えない元・忍のボンクラ教師とか、が登場する話が掲載されています。

  • 火浦功の送る、ナンセンスで笑える短編集。
    タイトルになっている「奥さまはマジ」では、幸せな新婚生活を送っているはずの娘が、ゲリラを引き連れて帰ってきちゃったりする、そんな話がいっぱいです。

全4件中 1 - 4件を表示

奥さまはマジ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

火浦功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

奥さまはマジ (角川スニーカー文庫)はこんな本です

ツイートする