荒俣宏の裏・世界遺産(3) 衛生博覧会を求めて (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.63
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041690437

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 平成九年六月ぶんか社より刊行された初版を、本文の半分近くにわたる書き加えと改訂をして出されたという本書。著者がこの「衛生博覧会」というテーマにどれだけ情熱を傾けてきたかが、熱い文体からも伝わってくる。
    子供の頃から親しんだ江戸川乱歩作品のお陰で妙な猟奇嗜好が身につき、こういう本にも手を出すような自分としては、本書冒頭で乱歩作品中にあった描写が衛生博覧会(展覧会)だったことを知っていたく感動した。
    図版が豊富で有難いのだが、エログロ的と言えなくもないので、その手の物がお好きでない方は要注意。
    主題は衛生博覧会なのだが、見世物(展覧会・博覧会・博物館など広く含む)の東西の歴史が学べるお得な内容。

  • 人間が表に出すことを躊躇しつつも密かに興味を抱いているグロテスクかつエロティックなもの。しかし、それはまた教育的な一面も確かに持っていた。
    そんな『衛生博覧会』というものについて詳細に語った本。かなりキツい写真も多いので苦手な人は注意が必要かと。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年、東京都生まれ。作家、翻訳家、博物学者、幻想文学研究家として、多彩な執筆活動を行う。シリーズで350万部を超える代表作『帝都物語』(角川書店)で日本SF大賞受賞。『世界大博物図鑑』全7巻(平凡社)ではサントリー学芸賞を受賞。おもな監修・著書に『モノのはじまりえほん』(日本図書センター)、『日本まんが』全3巻(東海大学出版部)、『すごい人のすごい話』(イースト・プレス)、『サイエンス異人伝』(講談社)、『江戸の幽明』(朝日新聞出版)など多数。

「2018年 『しらべる・くらべる・おぼえるチカラが身につく! うんこ図鑑』 で使われていた紹介文から引用しています。」

荒俣宏の作品

ツイートする