サンネンイチゴ (角川文庫)

著者 : 笹生陽子
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年6月25日発売)
3.29
  • (4)
  • (18)
  • (20)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :141
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043790036

サンネンイチゴ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤングアダルト!本当に薄いしすぐ読める。14歳の中学生の頃っていつもこんな感情でいたかもしれない。ふとそんな昔の自分を振り返りたくなるような……(反面、恥ずかしいことは思い出したくなくて、照れくさくなるような)そんな気持ちにさせてくれる。きっとこの本を14歳の頃に読んでいたら、主人公のナオミに感情移入して、どっぷり浸っていたかもしれない。
    中学生の、男の子よりも女の子におすすめの1冊。

  • 『オタクっぽい地味な中2女子』、うちの娘にそっくりだと思いチョイス。
    家庭環境がまるで違う3人のちょっとハラハラを含んだ日々のお話。
    親目線でいうとサボリに深夜の外出、犯罪者を追いかけるなど絶っ対にNGだけれども、主人公のように自分の殻を破れる日が来るといいなとは思った。
    これを読んで本人に響くものがあるのか気になるところ。

  • 文芸部に所属する中2女子が主人公。
    古本屋に寄った隙に、サブバックを盗まれたことから
    巻き込まれていくクラスメイト、苦手な不良女子との
    関係。クラスでは、うざいい担任やら
    彼女を取り巻く話。

  • 昔、途中まで読んでた気がする。
    他の2作と比べてしまうと、ちょっと面白味に欠けるかな。男だからかな。

  • 笹生さんの小説は面白い。読みやすい。

    中2女子が主人公。
    心の中では、正義感にあふれ、大人にも言いたいことを言えるスーパー少女なのだが、
    現実は、ごくごく平凡なおとなしい子。
    そんなふつーの子が、
    いつの間にか、自分の殻、周りの殻を打ち破って、自分のコアな部分を自分でつくっていきます。

    笹生さんの小説のテーマは、心の成長ですかね。

    2013/04/30

  • 「お年玉」に本をやる(盆の頃にも本をやる)同居人の弟のとこの子も、上は春には中学生になる。この正月は、小6が出てくる話はどうかなと笹生陽子の『きのう、火星へに行った』を選んでみたら(下の3年生には、暮れの収穫『かさぶたってどんなぶた』)、その母から「今にぴったりで、すごいセレクトでした」とメールがきた。

    私も久しぶりに笹生陽子が読みたくなって、まだ読んでないのあったっけなーと、文庫の『サンネンイチゴ』を借りてきて読む。

    主人公は中学2年のナオミ。担任は、体育会系の理科教師。体育会系のノリ、つまりはやたらに元気、やたらに単純、声がでかくて命令好きな南センセが、ほんまにうざい。勝手な思い込みで、生徒をいたぶったり、教室を支配したり。そして生徒のほうも、柴咲アサミをのぞいては、心にわだかまろうとも、表だってはほとんど何もできず。

    文芸部員で、詩をこねくりまわしたりするナオミは、妄想の中では勢いよく挙手して、先生をたしなめる発言をしてみたりするのだが、現実は「センセの恨みを買っちゃあ、まずいもの。ここはひとまず穏便に」路線。

    そう、南センセに「なにやってるわけ? さっきから。そこに立たれるとじゃまなんだけど」などとタメ口で文句言えるなんて、柴咲アサミくらいだ。さすが天下無敵のバトルマスター、おそるべし、とはナオミの心の中の声。

    ナオミが、わざわざ関わるつもりのなかったアサミと話すようになったのは、ある日古本屋へふらりと入ったほんのわずかな時間のあいだに、自転車の前かごに入れていたサブバッグを盗まれたせいだ。しかも、最初にたすけてくれたのは、文芸部長の野々村さんの噂によれば"アサミと付き合っている"という隣のクラスの手塚くん=ヅカちん。

    そんなこんなで、アサミやヅカちんと話すようになったナオミは、わざと問題から目をそらす自分を、思い出さずにいられない。3年前、小学5年のときに起こったある騒動のことも、忘れたふりをしていたけど、ふりなだけで、決して忘れたわけじゃない。

    「納得できないことをするのは死んでもいやだ」そう思って、ナオミはあのとき罰のランニングを拒絶した。球技大会の練習時にダブルブッキングしていた体育館のコート使用で不公平な裁定をした音楽教師の授業を、クラスの女子で集団ボイコットした。その教師は学年主任を連れてもどり、ボイコットに加わった女子たちは「やってていいことと悪いことがあるだろう」の説教をかまされた上に、罰に校庭のランニングを命じられた。

    「みんなといっしょにやってはいけないことをしたのは事実だけれど、だからといって一方的に責められたんじゃかなわない。十一歳の小学生にとっては、あれが精一杯。体育館での一件でどれほど不快な思いをしたか、理路整然と訴えることができればとっくにそうしてた。」(p.74)

    ランニングせずに帰ったナオミは、翌日には職員室に呼び出されてシメられ、反省文を書かされた。さらには親まで呼び出されて面談された。「あんたみたいなことしたの、クラスでたっったの一人でしょ? はずかしいったらありゃしない」と母親に言われて、ナオミは自分の立ち位置を思い知り、自分への希望を失った。

    自分はひとりだ、と思っていたナオミ。でも、そのナオミの行動を、アサミはずっと見ていたのだという。3年前のあのとき、アサミもランニングせずに帰ったのだ。けれどアサミの父が地元の名士の資産家だからか、あるいはアサミが大人に対して強く出られる子どもだったからか、ナオミひとりが先生にシメられ、自分にはなんのおとがめもなかったことを知ったとき、アサミは大人のずるさにがっかりして、そしてナオミの行動にほれていたのだった。

    アサミやヅカちんとつきあうようになって、自分をみつめるナオミ。思ったことはなかなか言えないままではあっても、同級生との関係も、先生に対する態度も、親や弟とのあいだも、すこしずつ変わっていく。14歳なりの浅はかさもあるけど、そうやって失敗もして、こわい思いもして、それでたぶんナオミは自分のことがちょっとずつ好きになっていったと思う。書く詩も、変わっていく。

    言いたいけど言えない、うまく表現できないもやもやがうずまく14歳の、内言と行動が、なつかしいような感じだった。

    (1/27了)

  • うーん、主人公があまり好きになれませんでした。
    アサミや手塚くんはいいキャラです。

  • やっぱり中学生向けかなー
    でも私は笹生陽子の
    書き方とても好きです!

  • ひかえめな女子中学生が、
    クラス一の問題児女子と、
    その彼氏と噂される男子と、
    町内で起きている小さな悪意の犯人をつきとめようとしつつ、
    仲良くなるお話。

    中学生が、
    学校や家庭での人間関係のままならなさに、
    嘆いたりへこんだりするのって、
    身に覚えがある分、
    懐かしくて、胸がザワザワするといつも思います。

    だから、
    こういう中高生向けの軽い小説はきっとずっと好きなんだろーな。

    しかし、不穏な事は起きるけど、
    話の流れ的にはとても平和でほのぼのしているので、
    さらりと読めてしまって、
    深みは無いし物足りないとも思いました。

    女子主役の笹生作品は初めてだったけど、
    男子が主役の方がすきです。

  • 笹生さんの本好きだ~
    読みやすいし、この主人公のもだもだうだうだした感じか思春期~ってかんじするよねえ

    なんかパッとしない、良い子なんだけどうまくいかない主人公ナオミが、ひょんなことから学校のトラブルメーカーアサミと、その友達のヅカちんと仲良くなって、事件を通して変わっていく話。

    なんかこれ、事件なんだったんだって感じするよね!!笑
    すごい短い話だから、もう1冊くらい続きとかで、この3人の話が読みたいなあ~と思います。

全17件中 1 - 10件を表示

サンネンイチゴ (角川文庫)のその他の作品

サンネンイチゴ 単行本 サンネンイチゴ 笹生陽子

笹生陽子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする