ローゼンクロイツ 黒鷲卿の陰謀 (角川ビーンズ文庫)

著者 : 志麻友紀
制作 : さいとう ちほ 
  • 角川書店 (2004年4月1日発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044451110

作品紹介

ファーレン軍に背後をつかれ、愛するオスカーと離れ離れになったセシル。彼の行方を案じながらも、セシルはアルビオン軍に占領された都アンジェに向かい、人質となった幼王ルネとマルガリーテを救い出そうとする。一方アルマンは、仮初めの主君・ヴァンダリスを陥れようと謀っていた…。アルマンの陰謀はもう誰にも止められないのか。そしてセシルにも最大の危機が迫る-!?華麗なるグランドロマン、フィナーレ直前。

ローゼンクロイツ 黒鷲卿の陰謀 (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いよいよ佳境。ファーレンからナセルダランが撤退し、帰途についたアキテーヌ軍を後方からファーレン軍が襲い、首都アンジェはアルビオンに制圧された。オスカーは首を狙われ、セシルは捕らえられたルネとマルガリーテを助けるため自分との人質交換に乗り出す。しかしアルビオンの内部でも皇太子と王の確執が表面化。全ての陰謀を指揮していたのはアルマンだった!!

全1件中 1 - 1件を表示

志麻友紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローゼンクロイツ 黒鷲卿の陰謀 (角川ビーンズ文庫)はこんな本です

ツイートする