レンズと悪魔 X魔神狂咲 (角川スニーカー文庫)

著者 : 六塚光
制作 : カズアキ 
  • 角川グループパブリッシング (2009年4月1日発売)
3.63
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044707170

作品紹介・あらすじ

魔王の囁きに従い、兄の復讐のために闇照の魔神ヤミ・ヤタと契約してしまったサクラ。だがエルバやテッキは、サクラとの和解を果たすべく、僅かな可能性を探りつづけていた。一方、セブンデイは魔神との決着をつけるために、フィールディング達をけしかけエルバとの戦いを企図する。過去の因縁が戦いを呼ぶなか、サクラは、テッキをその罠へとおびき寄せようとしていた-!"八眼争覇"、いよいよ佳境のシリーズ10弾。

レンズと悪魔 X魔神狂咲 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2012ねん5月14日読了

    後半がキツかった。
    フィールディングは自分の業を理解した上で戦っていたからいいんだけど、テッキVSサクラはむごたらしかった。ヤミに毒されてしまっているのだとしても、あの仕打ちはテッキにとって非常に大打撃だと思う。彼女のアイデンティティとも言える万力で逆に打ち据えられるとは。
    復讐を是として遂げたが故に、サクラを止める権利は確かにないというエルバの苦悩も非常によくわかる。サクラとの戦いはエルバとルナの最大の試練かもしれない。

  • ドロドロ状態ですね。
     サクラが逆流の影響でぼろぼろになり、テッキとボルがあんなことになってしまった。

    残るは3人、鬼神さんたちも絡んで、この後はどうなるか。

  • 心が暗い時に読んだため、ちょっとしんどかったかも。
    ああ、サクラちゃんが…。
    こんな結末になるとは予想していなかった。
    もうすぐ終わるけど、どうなることやら。
    ほんの少しだけだけど、予想はできるかも。

全4件中 1 - 4件を表示

レンズと悪魔 X魔神狂咲 (角川スニーカー文庫)のその他の作品

六塚光の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする