丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)

著者 : 耳目口司
制作 : まごまご 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月30日発売)
4.03
  • (32)
  • (37)
  • (18)
  • (1)
  • (3)
  • 246人登録
  • 37レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044748241

作品紹介

神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ"風景"を愛する俺のための部活だと!部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、丘研の正体は「オカルト研究会」、沈丁花の世界征服の野望のために日々活動していたのだ。「君は完膚無きまでに自分を知られたことはあるかい?」知ること=支配すること。世界を知るための戦いが始まる!第15回スニーカー大賞"優秀賞"。

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  風景を溺愛する男、咲丘が騙されてオカルト研究会に入るという、学園コメディっぽいノリの作品なのかと想像していた。しかし実際は、緻密に組み立てあげられていくキャラクターが描きだす風景が、予想以上に凄まじい作品だった。
     読み手を選ぶと思うけれど、個人的には大絶賛の作品です。
     第15回スニーカー文庫大賞優秀賞受賞作品らしいです。

     神楽咲高校に入学した風景を溺愛する男、咲丘は、丘研とだけ書かれたポスターを見て丘を研究する部活だと思って入部する。しかしそこにいたのは沈丁花桜という世界征服をたくらむ少女であり、彼女が代表を務めるオカルト研究会があった。
     当初はボードゲームばかりをして全く本来の活動を行わなかったオカルト研究会だが、一旦始動すれば留まるところを知らない。自殺しても死なない男の都市伝説を探求したり、ツチノコ探しに邁進したりする。そして最後は神楽咲町の中心部にある歓楽街オアシスで起きる連続殺人事件の解決に挑むことになる。

     オカルト研究会のメンバーたちは誰も大きな問題を抱え、一般的な見方から言うと常軌を逸した価値観を持っている。知識・努力・活力・協力・暴力を従えて世界を支配しようとする代表の沈丁花桜、ひたすら前に進むことしかできない長身の男である出島進、いつもヘッドフォンをつけている小柄な少女の女郎花萩、そして咲丘と同期の残念な美少女である江西陀梔と、誰を取ってもちょっと引いてしまうくらいの背景と異常性を持っている。
     そして最後に起こすのは明確な犯罪活動であり、ここだけを見るとあまり褒められたものではないだろう。しかし、そこにたどり着くまでの過程で組み上げられる各キャラクター像は異常ではあるけれど面白いし、彼らの動機となる原風景については納得できるところも多い。こういった点を考慮すると、個人的には許容範囲に収まる作品となってしまう。

     確実に拒否反応を起こす人もいるとは思うが、各キャラクターを積み上げていくことによって構成される風景は、一見の価値があるものだと思う。

  • 【あらすじ】
    オカルト研究部に入った主人公の咲丘が経験する不思議な学生?生活。

    【感想】
    非常に偏った人間の集まった世界で各人が言いたい放題やってる。
    風景を支配するって話は2010年では先進的な話だったのかもしれないが、今となってはかなり現実味のある話だと思う。
    全体的にはクロスチャンネルを思い出させるような内容だった。

  • 面白かった。文章うまい。
    読み始めは「会話内容やキャラの個性を楽しむラノベであまり内容は無いのかな」なんて感じたけど、話進んでくうちに各キャラの凄惨な過去が明らかになり、単に会話やキャラで楽しむだけの小説からは頭ひとつ抜きん出ている。
    オチに情報屋やカメラ倶楽部の正体がわかるところも良かった。
    装丁やデザインもクールな感じで好き。
    マゾのキャラも好き。

  • 死体に美を見出す人やら風景に魅入られた人やら、なにやら一般市民として生活してゆくには問題を抱えた人たちが集ったオカルト研究会。
    けど、みんなで力を合わせれば成し遂げられることがある。というまっとうなお話でした。けど、続きはいいかな。
    ReaderSoreの一巻無料を利用

  • 読む前はよくあるラノベものかと思っていたらそんなことはなかった。
    主要人物はそれぞれ過去に色々あったりして…いい感じに狂っていて面白かった。

    終盤の主人公の台詞で読み始めた時の主人公のイメージが変わった。

    次巻も楽しみ。

  • 割と評価が高いようだが、そんなに面白いか。
    序章が登場人物と丘研(オカルト研究会)の紹介のようになっていて、その後、第一部から第三部まで飛び降り男、ツチノコ、切り裂きジャックという3つの都市伝説を丘研の面々が解決するという形式になっている。
    序章が冗長なのと、登場人物が突拍子もなさ過ぎて感情移入できない。イラストに萌え要素も不足しているし。う~ん、外れ。

  • 第15回スニーカー大賞《優秀賞》!!
    神楽咲高校に入学した咲丘は、「丘研」の入部案内を見て直感した。これこそ〈風景〉を愛する俺のための部活だと! 部室に向かった咲丘は、代表・沈丁花桜と意気投合、早速入部。だが、丘研の正体は「オカルト研究会」、沈丁花の世界征服の野望のために日々活動していたのだ。「君は完膚無きまでに自分を知られたことはあるかい?」知ること=支配すること。世界を知るための戦いが始まる!!

  • これはひどい(笑)  
    なんていうか色々とアンチテーゼ。  
    これはもう一種のファンタジー。  
    そして極上(ちょっと言い過ぎだけど)のエンターテイメント。  
    ライトノベルでこんな話をやるのは珍しい類かな?   
    まぁでもそんなに大層なことじゃない気もするんだけど、大きく取り沙汰されてたよね。  人間から世界を取り返そうじゃないかと。   
    ぶっ飛びまくってて面白かった。

  • 一般的な集合体から疎外された者が、自分という個を徹底的に貫き通す。周りが何と言おうと関係無し。自分を取り巻く世界が気に入らなければ、自分が世界を支配してしまえば良い。丘ルトロジックの登場人物達はそういう人たちが高校の部活レベルを越えた課外活動において世界を支配していく物語だ。この作品で語れる「支配する」ということは対象それ自体の情報を徹底的に知り尽くすことである。
    よくある学園ものと思いきや、中盤になるにつれ、物語は暗く、それでいてコミカルに、そして中二病よろしく主人公達が狂い始める抜きどころもある!(ここ大事!笑)読みづらい文体ではあったが、ライトノベルの枠組みをまた大きく拡げてくれた作品であることには間違い無し!
    面白いから是非読んで下さい。

  • オカルト? ミステリー? あまり読まずにきたジャンル。
    才能が羨ましいねまったく。

全37件中 1 - 10件を表示

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)のその他の作品

耳目口司の作品

丘ルトロジック 沈丁花桜のカンタータ (角川スニーカー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする