祗園祭と戦国京都 (角川叢書)

著者 : 河内将芳
  • 角川学芸出版 (2007年7月発売)
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047021365

祗園祭と戦国京都 (角川叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    京都の夏の風物詩、祗園祭。
    しかし、この夏を代表する祭礼である祗園祭が、中世・戦国時代には真冬に行われたことがあった。
    また祗園祭は、一般に京都の町衆の祭、あるいは権力に抵抗する民衆の祭というイメージが広く流布しているが、それはなぜか。
    これらの疑問を出発点として、中世祭礼としての祗園祭の実態に迫り、戦国京都を舞台に繰り広げられた、京の町衆、比叡山延暦寺などの社寺、室町幕府との関係など、祗園祭をめぐるさまざまな視角から、中世社会の実相を描く。

    [ 目次 ]
    第1章 イメージとしての祗園祭(紙芝居「祗園祭」;小説『祗園祭』と映画『祗園祭』)
    第2章 天文二年の祗園祭(天文元年~二年六月の政治状況;天文二年の祗園祭)
    第3章 室町幕府にとっての祗園祭(祗園祭の再興;幕府と祗園祭)
    第4章 延暦寺大衆にとっての祗園祭(日吉社の祭礼と祗園祭;延暦寺大衆と祗園祭)
    第5章 神輿と山鉾の祗園祭(神輿渡御;山鉾巡行)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

河内将芳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

祗園祭と戦国京都 (角川叢書)はこんな本です

祗園祭と戦国京都 (角川叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする