現代、野蛮人入門 (角川SSC新書)

制作 : 松尾 スズキ 
  • KADOKAWA/角川マガジンズ
3.74
  • (7)
  • (15)
  • (10)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047316904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現代のバイブルになり得る一冊。

  • 素晴らしい。こんなにも高い哲学かあるとは思っていませんでした。お見それしました!読み始めは、同感同感と親和性を持って読んでいましたが、読み進むにつれ、だんだんと考えの奥深さに圧倒されます。

  • 大人計画を主宰して自身も役者として活動している松尾スズキの自伝的なエッセイ。

    彼に興味がなくてもお笑いや世の中に対する鋭い批評があり、楽しめた。

  • 親と子の扶養する・されるについては際どいですがかなり本音をついているのでは…と思いました。ギタリストがギターソロをひく件はツボに入りました。

  • 私の心の中の野蛮人が
    猛烈に
    シンパシーを感じてる

    心が軽くなる一冊。

    松尾スズキさんの
    愛のある、飾らない文章が
    岩にしみいる。

    「それでも、笑うために人は生きる」

    (そうか!!笑うために人は生きるのか!)

    と素直に思えました丸

  • 第三章の 友達なんていらない がストンときた

  • なにものにも囚われない、「蛮勇」を持つことのススメと、その具体的な方法の数々。最終章「宇宙は見えるところまでしかない」という言葉は、他者とぶつかり合いながらも共存して生きていくための最大のヒントだと思った。

  • 松尾スズキの種明かし

  • 松尾スズキという人間を文章で表すと、こんなにもややこしいんだなぁと。
    屁理屈に聞こえなくも無いが、正論でもある、境界線ギリギリのところを綱渡りの様に生きてらっしゃるんだなと、笑えます。
    バクマン風に言うなら、「シリアスな笑い」

全14件中 1 - 10件を表示

現代、野蛮人入門 (角川SSC新書)のその他の作品

ツイートする