論理的な考え方の基本とコツ (「ビジネスの基本とコツ」シリーズ)

著者 :
  • 学習研究社
3.07
  • (0)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 48
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784054040212

作品紹介・あらすじ

仕事の段取り力がアップ!ロジカルシンキングの実践テクニック35。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • その名の通り、論理的思考の基本的なコツが記載された本。
    コツは理解できますが・・・やはり実践は難しいと思うのが正直なところ。

    ○ポイント
    ①細部にこだわらず広い視野をもつ
    成果を出すのはプロセス全体、まずは全体を見て考えることが大事

    ②全体から部分へ考える癖をつける。
    初めに全体と部分の関係を明確にした上で、考え、資料を作成することで、わかりやすい論理的な話ができる。

    ③水平思考で「思考の死角」をなくす。
    まずは、広く浅く周囲を探索して視野を広げる。限られた時間と予算をどう配分すれば、より多くの利益が得られるかを全体の視点で考え、重要な部分を垂直思考で絞りこんでいく。

    ④ミッシーで漏れやダブりを防ぐ
    全体を把握する時に、構成要素をMECEでとらえなおす。全体を漏れなく分析できる要素を切り分ける。

    ⑤ミッシーで新しい発送や手段が生まれる。
    ミッシーで構成要素を考えるための簡単なコツは、反対を考えること。
    逆転の発想が可能。
    ミッシーを見つけ出す5つの視点。

    ⅰ.対立概念型
    意味が反対のものを対比して考える。
    ⅱ.数値直線型
    数字で表現できるもの。年齢、収入など。
    ⅲ.順序型
    プロセスや時系列で考える。
    ⅳ.単純分類型
    四季、陸海空軍など構成要素で分類。
    ⅴ.異視点型(フレームワーク)
    異なる視点を組み合わせて全体で整合性を確保する。

    ○自問力
    5回のWHYを繰り返すことで、真の原因にたどり着ける。

  • 要点が1ページずつまとめられており読みやすい。右脳と左脳とか微妙な表現はあるが、比喩として脳内処理した。

全2件中 1 - 2件を表示

論理的な考え方の基本とコツ (「ビジネスの基本とコツ」シリーズ)のその他の作品

西村克己の作品

ツイートする