ハラヘッターとチョコリーナ (講談社の創作絵本)

  • 17人登録
  • 2.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : のぶみ
  • 講談社 (2013年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061325470

作品紹介

人気絵本作家・のぶみの新作。ハラヘッターは、いつも空腹のモンスター。今日も、チョコクリームたっぷり、おいしそうなチョコリーナを追いかけます。
なんどもピンチに陥るチョコリーナ。でも、チョコリーナはともだちに助けられて、なかなか捕まえられません。おいかければ、おいかけるほど痛い目に遭ってしまうハラヘッター。それでもあきらめないハラヘッター。
さあ、壮大なおいかけっこの結末は!?
 カラフルで、かわいいキャラクターたちがたくさん登場。笑って、探して。楽しいしかけも必見です。

ハラヘッターとチョコリーナ (講談社の創作絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界一おいしいチョコリーナをいつも空腹のハラヘッターが追い掛けるけれど、いつも返り討ちに。
    チョコリーナは鳥や魚、もぐら、岩に大好きと言って運んでもらったり助けれもらうけれど、ハラヘッターは妨害され毎回逆にひどい目に会う。
    「おばかタンでちゅ(ハート)」というチョコリーナのセリフ。
    最後は学校帰りのチョコリーナを待ち伏せ。
    遂にチョコリーナも絶体絶命のピンチというところでチョコリーナのお母さんが現れ、また吹っ飛ばされてしまう。
    それでもやっぱり懲りないハラヘッター。
    またチョコリーナを追おうとする。
    そんな諦めないハラヘッターに「諦めないおばかタンはすきでちゅ(ハート)」というチョコリーナ。

    チョコリーナがハラヘッターに毎回「おばかタンでちゅ(ハート)」というのは好きになれない。
    バカという言葉が何度も出て来るのが。

    チョコリーナもそれなりにハラヘッターに好意を示しているというのは救いだけれど。
    いつか仲良くなる日がくればいいなあ。

    線だけで塗りがないのも好きになれない要因なのかもしれない。

全1件中 1 - 1件を表示

のぶみの作品

ハラヘッターとチョコリーナ (講談社の創作絵本)はこんな本です

ツイートする