逸脱するエロス―愛と性の精神病理 (講談社現代新書)

著者 :
  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :21
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061490147

作品紹介・あらすじ

肥大化したナルチシズム、妄想と偏執、フェティシズムや倒錯した性的行動など、混沌と不毛のなかにあるエロスの深層にメスを入れ、すこやかで豊かな愛と性の世界を拓く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 病理としての性的逸脱を精神科医である著者が、紹介解説している。性と恋愛が自由化された時代の闇を示しながら、この時代に即した考え方と生き方の必要性を訴えている。具体的な逸脱を扱い、事例研究の数々は、大いに参考となる」(水谷潔師)
    『牧会相談の実際』あめんどう、2014、第四章心悩む人の理解と支援のためのブックガイドP190-191から引用抜粋

全1件中 1 - 1件を表示

森省二の作品

ツイートする