王道 (講談社文芸文庫)

制作 : 渡辺 淳 
  • 講談社 (2000年4月10日発売)
3.24
  • (2)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • 50人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061982093

作品紹介

かつてインドシナの地にアンコールワットやアンコールトムを造営し繁栄を誇ったクメールの王国-"王道"とはそこに存在した道路である。巨万の富を求めて密林の奥深く古寺院を探して分け入るクロードとペルケン。悪疫、瘴気、そして原住民の襲撃。マルロー自身の若き日のインドシナ体験を基に、人間存在と行為の矛盾を追求した不朽の冒険小説。

王道 (講談社文芸文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 虚無感に捉われた男が、行動によって、死と虚無と闘う。闘争的な作品。熱帯の描写が凄まじく、まるで密林の只中で登場人物達と同じように喘ぐような気持ちになる。

  • 王道とはアンコールワットやアンコールトムを造営したクメール王国の時代にあったと言われる道路のようです。
    今は廃墟となり、ジャングルに埋もれた遺跡(お宝)を求めジャングルの中に分け入り、原住民の襲撃や悪疫かかるなど、地獄のような中で「死」に対して何も思わなかった者がいざ「死」を目の当たりにすると「生いたい」と思う人間の矛盾した心理を描いていると感じました。
    熱帯特有のまとわりつく嫌な湿気や大量の蟻や蚊、その嫌悪感が伝わってくる小説でした。

  • フランス文学?カンボジア行くから読んだのだが、冒険モノでも無いし、何だろう。ただ、人が苦しんで死ぬ時の描写はすごい。

全4件中 1 - 4件を表示

王道 (講談社文芸文庫)のその他の作品

LA Voie Royale ペーパーバック LA Voie Royale アンドレ・マルロー
La Voie Royale (Ldp Litterature) マスマーケット La Voie Royale (Ldp Litterature) アンドレ・マルロー
La Voie Royale ペーパーバック La Voie Royale アンドレ・マルロー

アンドレ・マルローの作品

王道 (講談社文芸文庫)に関連する談話室の質問

王道 (講談社文芸文庫)はこんな本です

ツイートする