怪盗グリフィン、絶体絶命 (ミステリーランド)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (16)
  • (40)
  • (88)
  • (12)
  • (2)
本棚登録 : 267
レビュー : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062705783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 後書きにエルマーの冒険を読んでいた、と。
    やはり名作なのか。。


    機転がきく、というのはこういう事なのだろうな、という感想。
    ルパンのように声を変えたり、特殊能力があるわけではないが、何手も先を読んでの行動なのだな、と後の解き明かしで判明する。

    ちょっとややこしくもあるけれど
    全てが理解できなくてもわくわくしながら読み進められる。

  • ミステリーランド(少年少女向け)シリーズということで、良い意味で子供向けらしい作品に仕上がっている。
    二転三転四転五転する展開で大人でも十分読ませる内容に仕上がっている。

    綾辻のミステリーランドはとてつもなくひどい出来だったが、法月のは子供向けとして推奨できる良作。

  • だいたい怪盗ってなんだ。怪しい盗っ人ってところか。てか既に怪しいってことなのか。ってわけじゃないけど、なんか懐かしい響きを持たずにはいられないわけで。しかも絶体絶命だし。ってことはもうダメじゃん。ってことでもないんだけども。とはいえこういう懐かし気というか、子供だましというか、そんな雰囲気に負けじと本文も文字数少な目だし、MIシリーズの焼き直しみたいなストーリーだけど、さくっと楽しめて良いんじゃないか。
    そんな事より、ハイスクールに通う子供を持つ母親と並んで似合いのカップルと言われるグリフィンの絵がせいぜい中学生だろって感じなのが、どうにも気になって仕方ない。絵の力ってスゴイ。

  • 挫折

  • まぁまぁ

  • フツーに面白かったけど、最後がちょっと…。
    迷信は迷信でしかなかった、っていうのが残念。

    (似)
    〈怪盗ニック〉シリーズ/エドワード・D・ホック

  • 良く出来たお話で面白かったです。前半の伏線が最後にきちんと納まっているところは流石です。ルパンやホームズが好きな人には堪らないと思います。
    最後の謎解きがちょっとややこしかったのと、政治的な箇所は子どもにはちょっと難しいかなと思いました。

  • 読んでいてワクワク!

  • 人の欲望のための盗みはやらない、怪盗が1人。
    その自宅に妙な手紙が。
    かわした、と思ったら、電話で妙な依頼が…。

    中身は3つに分かれた三部作。
    受けて、やって、落ちが出た、な感じで。
    妙に警察が悪人臭くて、どうかと思われます。
    しかも、目的物が…目的が…。

    お呪いなんかを信じていないわけでもないですし
    それを馬鹿にするつもりもないですが
    人1人を脅して働かせて『これ』はどうかと。
    どちらも手の内を見せずに、事件を進めて行くので
    二転三転で驚きはあります。

  • どんでん返しが何度かあって、結局どうなったかよく覚えてないけど、とにかく子ども向けらしくハッピーエンドだった気がする。

全59件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1988年10月、『密閉教室』でデビュー。

「2017年 『7人の名探偵 新本格30周年記念アンソロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

怪盗グリフィン、絶体絶命 (ミステリーランド)のその他の作品

法月綸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有栖川 有栖
有川 浩
有栖川 有栖
有川 浩
はやみね かおる
東野 圭吾
有川 浩
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

怪盗グリフィン、絶体絶命 (ミステリーランド)に関連する談話室の質問

怪盗グリフィン、絶体絶命 (ミステリーランド)を本棚に登録しているひと

ツイートする