猫ばっか (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (5)
  • (1)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062730792

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本には赤い猫が住んでいる。
    とても野放図な猫で、ページへかけた指へPeeとオシッコを引っ掛けてくるのだ。
    思わずカッとなる。
    パッと何処かへ消えた猫を追いかけていると、あんまりにカマッテないで、寂しく部屋の隅へおざなりにしていたことを思い出すのだ。
    そんな不思議な魅力を持った本。
    文庫本ではあるが、挿絵がとても凝っている。
    お薦め。

  • 猫を飼いたくなった。

  • 猫はペットなんかじゃない。実用品、命の恩人ね、と言った友達。点滴の針をつけたまま逃亡し、猫探偵社の男が捜しても帰らなかったクロ。色気に欠ける茶トラにナルシストの白い猫……「あんたも生きているし、私も生きている」猫を猫以上のものとして愛さずにいられないあなたへ、心あたたまる究極の猫の本、贈ります。

  • p18「人間を愛することに絶望した人間が、もの云わぬ小さな猫に、自分の全ての愛を狂気のごとく注ぐ。人は何かを愛さずには生きてゆけないのだ。何と猫はそれに丁度よい生き物であろうか。」

    『100万回生きたねこ』を描いた著者の、猫の本。
    猫の在る生活を書いた詩集?エッセイ?…絵本?
    しかし白猫は自分の美しさを知っている。白猫を飼っていた経験上、それはとてもよくわかる。
    猫に関係する話。猫。

  • 谷川俊太郎さんの元奥方で、100万回生きたねこの作者 佐野洋子さんの本。当然だけど、絵が、「100万回…」のタッチでうれしい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

さの・ようこ――1938年、中国・北京で生まれ、終戦後、日本に引き揚げました。1958年、武蔵野美術大学に入学。1967年、ベルリン造形大学でリトグラフを学びます。著書の絵本では、ロングセラーとなった『100万回生きたねこ』(講談社)や第8回講談社出版文化賞絵本賞を受賞した『わたしのぼうし』(ポプラ社)ほかがあります。童話にも、『わたしが妹だったとき』(偕成社)第1回新美南吉児童文学賞受賞作などがあり、そのほかに『ふつうがえらい』(新潮文庫)をはじめとするエッセイも執筆、『神も仏もありませぬ』(ちくま文庫)では第3回小林秀雄賞を受賞しました。2003年、紫綬褒章受章。2010年、永眠。享年72。

「2018年 『ヨーコさんの“言葉” じゃ、どうする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫ばっか (講談社文庫)のその他の作品

猫ばっか 単行本 猫ばっか 佐野洋子

佐野洋子の作品

ツイートする