法月綸太郎の功績 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (6)
  • (37)
  • (66)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 301
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062751018

作品紹介・あらすじ

殺人事件の被害者が残した「=Y」の文字は、はたして何を意味するのか!?エラリイ・クイーンへのオマージュである、ダイイング・メッセージものの傑作「イコールYの悲劇」、第55回日本推理作家協会賞受賞作「都市伝説パズル」など、ロジカルな推理が堪能できる本格ミステリ五編を収録した、ファン待望の作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「都市伝説パズル」の完成度の高さに感動。綸太郎と同じタイミングで真相に到達した時の、まさにパズルのピースがはまるかのような爽快感は忘れられない。最後のエピソードがさらにこの作品の価値を高めている。「イコールYの悲劇」ダイイングメッセージものは、どうしたって扱いが難しいけれど、必然性にしっかり納得できた。

  • 犯ホロを先に読んでためにある種の意外さがあった『中国蝸牛の謎』はシンプルながらも密室トリックが好き。『イコールYの悲劇』『ABCD包囲網』の夫婦像はこれまた法月先生らしいし、『都市伝説パズル』はオチが好み。『縊心伝心』はあの反転が良かった。

  • 綺麗にまとまった短編集。「ABCD」は事件の現象がとても面白かっただけに、真相がやや雑な感じになったのが少し残念。

  • ABCD包囲網。自首マニアってほんとうにいるんだろうか

  •  中短編集。「イコールYの悲劇」「中国蝸牛の謎」「都市伝説パズル」「ABCD包囲網」「縊心伝心」の五作品を収録。すべて綸太郎の登場作品。

     いずれの作品も魅力的な謎を提供する作品ばかり。特に「都市伝説パズル」は、日本推理作家協会賞短編部門を受賞した作品なだけあり、ロジックが良かったです。もっとも、作者が言っていたとおり、意外性には欠けましたが……。

  • 法月さんにハマってみようと思ったけど、近くの図書館にこれしかなく…
    都市伝説パズルは面白かった。ABCD包囲網も、ぐいぐい読み進めさせる展開に満足。あとの3つは…まあ普通。本格派ってのは理解するのも難しいな。

  • 短編集。初法月。簡単なトリックと見せかけて一捻りあったり、一筋縄ではいかない話が多かった。

  • 法月綸太郎シリーズ。短編集。

    短編集が苦手な私ですが、本作はどれも良作だったと思います。
    「イコールYの悲劇」と「都市伝説パズル」が特に好きです。

    何気に表紙も気に入っています。

  • 王道中の王道ともいえる安楽椅子タイプの本格ミステリーです。【中国蝸牛の謎】はご都合主義的であまり感心できませんが、他の四編は良い出来です。特にロジック一本勝負の【都市伝説パズル】は傑作だと思います。

  • 2時間ドラマにできそうな短編集。
    法月綸太郎ってこういう話が多かったのね(読まず嫌いしてた人)。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年島根県松江市生まれ。京都大学法学部卒業。在学中は京大推理小説研究会に所属。88年『密閉教室』でデビュー。89年、著者と同姓同名の名探偵が登場する「法月綸太郎シリーズ」第1作『雪密室』を刊行。2002年「都市伝説パズル」で第55回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。05年『生首に聞いてみろ』が第5回本格ミステリ大賞小説部門を受賞。
本作『法月綸太郎の消息』は講談社から刊行されるシリーズ短篇集としては17年ぶり、また「法月綸太郎シリーズ」開始30周年を記念する一冊となる。


「2019年 『法月綸太郎の消息』 で使われていた紹介文から引用しています。」

法月綸太郎の功績 (講談社文庫)のその他の作品

法月綸太郎の作品

法月綸太郎の功績 (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする