マドンナ (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.48
  • (209)
  • (650)
  • (975)
  • (105)
  • (16)
本棚登録 : 4143
レビュー : 567
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062752633

作品紹介・あらすじ

40代が分別盛りなんて、誰が言った?見た目は中年、中身はいまだ少年……。直木賞作家がユーモアたっぷりに描く新オフィス小説集。四十にして、大いに惑う。

解説=酒井順子

人事異動で新しい部下がやってきた。入社4年目の彼女は、素直で有能、その上、まずいことに好みのタイプ。苦しい片思いが始まってしまった(表題作)ほか40代・課長達の毎日をユーモアとペーソス溢れる筆致で描く短編5編を収録。上司の事、お父さんの事、夫の事を知りたいあなたにもぴったりの1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本を支えているのは
    間違いなく、はたらくおじさま達であります。

    彼らをもっと好きになりたい方へ。
    ぜひ読んで、そして、わらってあげてください。
    そして、愛すべき勤労者達に優しくなって下さい。

  • 40代働き盛りのおっさんが主人公の短編集。

    主人公のおっさんの共通点はとにかく熱い!悩ましげ!

    状況描写がとにかく いちいち面白くて (ここは適当に読んじゃえ的な)捨ての所がない。

    おっさんが読んでもいいし、おっさんを父に持つ子が読んでもいいし、私みたいな素敵女子が読んでもいい、まぁ 誰が読んでもオモロイ話だと思う。日本のおっさんにエールを送りたくなる1冊。

  • 会社の女の子を狙ってみたり、子供に対して、部下に対しての対応など40代のお父さんが、ちょっとどきっとするような、チクリと痛い所を突かれてるような話ばかり。乗り越えないとダメな壁が次々と。でも最後には少し折れて丸くなってる所が少し許せたかな←妻目線(笑)

  • いろんな立場の人間の葛藤が描かれてると感じた。特に一般的な日本の会社における葛藤。集団に従わない人間が自分という個性を大事にすることの限界。結局、従わなかった人間もどこかで折り合いをつけるしかないっていう現実を描いていて、なんだか悔しい気分にもなった。でも、現実はこんなものなんだとも素直に腑に落ちた。集団の中でも「異質な存在」それはもともとのキャラクターであったり、自分が特別な思いを抱いてるだけであったり様々な意味でだけれど、とにかくそういう人間がいるだけでこんなにも人間の生が活性化されるのだとも思える。奥田さんの文章を読むといつも、憎むべき人などいなくて皆同じなんだと思わされる。人ってこんなにも影響されやすく頼りなく面白いものなんだなぁと。

  • 軽いタッチの文章ですが実はよく練られていて、5編とも、主人公の懸案と一見関係ないと思わせる別のストーリーが同時に流れていて、そこに答えがあるという構成です。
    中年男性って、見た目はオッサンでも心は案外ピュアだったり、傷つきやすかったり、臆病だったりして、少年時代から変わらないのかもしれません。部下に淡い恋をしてしまう話、自由に生きる息子がうらやましい話、サポート部門になって気づく話、女性のボスの話、気になる老人の話。私としては、3編目の「総務は女房」が面白いと思いました。へぇ~!と新鮮でした。
    解説は酒井順子さんです。彼女の書く文体とどこと無く似ている気もします。

  • 崖っぷちまで行きますが、落ちることはありません。

  • 男ってバカですね 笑

  • 自分の部署に異動してきた若い女性部下にちょっと(いや、かなり)心惹かれてしまう既婚男性を描いた表題作など、微妙なオトシゴロ?な男性のサラリーマン生活を描く短編集。

    「ガール」を先に読んでいたので、こちらもてっきり女性を主人公にした短編集と思い込んで読み始めたらみんなオジサンサラリーマンの悲哀話だった。
    これはこれでほろ苦い想いが沢山込められていて面白かったけど、私にとってリアル感が高かったのはやはり「ガール」の方かな。

    もっと言ってしまえば、主人公であるオジさんたちの心の機微よりも、その周囲を彩る女性たちの心の機微の方が私にはズンと伝わってきた。毎度思うのだけど、奥田英朗さんって実は女性なんじゃないか…?(笑)
    なお、酒井順子さんが文庫版の解説を書いているのだけど、これがまた私のこの思いを補強してくれるような秀逸な解説文だった。この解説を読んだ後は、私個人として特に補足することもなくなってしまうくらいの完成度。

  • 40代サラリーマンを描いた短編5作品。職場と家庭という二つの場を軸にふつうのおじさんの世界を描く。

    同じ40代サラリーマン、ふつうのおじさんとして楽しみにしていたのですが。

    「あー、奥田英朗が東野圭吾になっちゃった(なってほしくない)」

    っていう感じでした。

    軽すぎます、余韻がありません。「うんうん、あるある、あはは」という感じはあるんだけど、そこから先がない?短編ということで物語としても小粒ですし。個人的にはちょっと残念でした。

    でも、「読みやすさ」という点では思い切りサラサラ読めます。それをよしとする読者も多いようで、アマゾンのユーザー評価も低くは無いようです。

    でもなぁ。。。

    40代サラリーマンって確かにこんな感じに見えるけれど、そうでもない部分もあるんだけどね。

  • 日本のサラリーマンお父さんを題材にした短編5編が収録してあります。

    ★マドンナ 
     転属してきた女子社員に恋をしてしまったお父さん。休日も彼女のことが頭から離れないお父さんの状態をよく書き上げてるな~。でも、私がこの短編で惚れたのは、その奥さん。奥さんというのは、ほんと旦那さんのことを知り尽くしてるな~。手の上で転がしてる感じがよーく伝わってきて、最後はなんか心が温かくなった。

    ★ダンス
     職場で馴染まない同期を上から説得するように言われた主人公の葛藤。中間に挟まれるというのはほんと辛いよね~。上にはペコペコしないといけなし、ペコペコしたら自分の昇進は確実。で、同期を説得しても空振り。本当は、何事にも動じない同期がうらやましくって、いつの間にか上司にもあたってた。わかるな~。

    ★総務は女房
     昇進前の転属で、2年後の昇進を目の前に総務に配属された元営業の主人公が、総務の不正を発覚してしまい、自分で正そうと躍起になるが、昔からの流れを乱したくない周りの反発を買う。しかし、奥さんの一言で、実は自分の見栄やプライドのためにしてたと気づく。
    で、結局は不正に加担してしまうという結末は、なんか~?ちょっと。。。て感じだったけど、こういう上司は嫌だよね~。自分の権力を誇示する奴。それが何?って言いたくなる。

    ★ボス
     転属してきた女の上司をよく思わない主人公の話。海外帰りの女で課を新しく変えようと嫌でも自分を曲げない上司の素顔をみてみたい主人公。最後は、彼女が野球ファンだと知り、自分の奥さんと同じなんだと胸をなでおろす。なんか、これもわかるな~。自分がその立場だったら、やっぱり反抗すると思う。

    ★パティオ
     港パークにもっと人呼ぶよういろんな企画に携わってる主人公が、そこに毎日通ってくる老人を気になりはじめる話。これは、なんかしっとりした話。老人の心の内が素直に分かって、とっても微笑ましい話でした。

全567件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おくだ・ひでお
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライターなどを経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞受賞。2004年『空中ブランコ』で直木賞、2007年『家日和』で柴田錬三郎賞、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞。著書に『最悪』、『イン・ザ・プール』、『マドンナ』、『ガール』、『サウスバウンド』、『家日和』、『無理』、『噂の女』、『我が家のヒミツ』、『ナオミとカナコ』、『向田理髪店』『ヴァラエティ』など。映像化作品も多数あり、コミカルな短篇から社会派長編までさまざまな作風で人気を博している。

「2019年 『ヴァラエティ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マドンナ (講談社文庫)のその他の作品

マドンナ 単行本 マドンナ 奥田英朗
マドンナ (講談社文庫) Kindle版 マドンナ (講談社文庫) 奥田英朗

奥田英朗の作品

マドンナ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする