滝山コミューン一九七四 (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (30)
  • (44)
  • (37)
  • (14)
  • (1)
本棚登録 : 437
感想 : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062766548

作品紹介・あらすじ

郊外のマンモス団地の小学校を舞台に、自由で民主的な教育を目指す試みがあった。しかし、ひとりの少年が抱いた違和感の正体は何なのか。「班競争」「代表児童委員会」「林間学校」、逃げ場のない息苦しさが少年を追いつめる。30年の時を経て矛盾と欺瞞の真実を問う渾身のドキュメンタリー。講談社ノンフィクション賞受賞作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • p.23 最後 滝山コミューンの定義
    p.179 最後 筆者の違和感

    どこまでが事実で、どこからが自分の意見なのかということを明確に分けて書いているため、わかりやすい

    民主主義という名のもと、教師主体の権威主義が横行していた1974年の滝山団地を切り取り、筆者の問題意識を検証する形で進むノンフィクション。圧倒的な資料をもとに一つ一つ丁寧にその時代を形作っていくプロセスは、研究として素晴らしいと言わざるを得ない。また、過去の事実の中でも特に自己の関心がある部分に焦点を当て、議論を進めることに客観性の欠如があることは認めながらも、まさに当時を生きた自分こそ社会であるとしたスタンスにも共感する。
    自分が小学生の頃、このような民主主義という名のもと権威主義は横行していなかったか、もしそうだとしたら自分はそれに違和感を感じていたのか、改めて問いたくなる著書であった。
    また、改めて教育とは、生徒と教師だけでない、多くの人々の影響、時代背景を現実へ映すものであると実感した。

  • 私は著者よりもいくつか年下になるのだが、1970年代が小学生時代
    だったのは一緒だ。クラスに班分けもあったし、卒業式では卒業生に
    よる「呼びかけ」もあった。しかし、著者が経験したような集団主義
    教育ではなかったと思う。

    それは居住環境の違いなのかもしれない。住宅不足解消の為にと
    東京郊外に作られた団地住民の子供が多い小学校と、東京への通勤
    圏として発展しながら、昔ながらの地主さんなどもいたベッドタウンの
    小学校。確かに地元にはいわゆるマンモス団地はあったが、学区が
    違った。

    ひとりの若い教師が担任したクラスで始まったのが、日教組の教師が
    多く所属する全国生活指導研究協議会が提唱した集団教育主義で
    ある。

    そこでは個人は否定され、なによりも班だとか、クラスだとかの集団での
    成果の引き上げが大きな目標となる。ソ連式集団教育を日本に根付か
    せようとした試みだ。

    確かに学校生活は集団生活である。だが、ある集団を競わせることは
    当事者には相当なストレスをかけるものではないのか。事実、後年の
    著者のインタビューに問題のクラスに所属した女性は小学生であり
    ながら、体に変調をきたしていたと告白している。

    政治的には保革伯仲の時代だった。だからこそ、ソ連式の集団教育の
    実践も可能だったのだろうし、団地という画一化された空間に住んでいた
    子供たちが多かったからこそ、受け入れられたのかもしれない。

    児童の自主性を尊重するのも結構だが、林間学校も運動会も児童の
    代表が組織する実行委員会が取り仕切るってのは、民主的でもなんで
    もないんじゃないかと思ってしまったわ。

    そして一番怖いと思ったのが、小学生にして他の児童から著者が自己
    批判を求められたこと。読みながら「連合赤軍小学生版かよ」と呟いて
    しまった。

    息が詰まると思う。なんでも競争、なんでも連帯責任、なんでも減点制。
    挙句、減点が多いと「ボロ班」とか「ビリ班」と呼ばれるなんて。そりゃ、
    嫌だから懸命になるわなぁ。今考えれば集団によるいじめにしか思え
    ないけれど。

    この集団教育だけではない。子供は教育方法に振り回され続けている
    のじゃないかな。詰め込み教育がいけないと言われ、ゆとりをもった
    カリキュラムになったら「これだからゆとりは」なんて言われちゃう。

    どの世代も、その時々の教育を受けた子供に罪はないと思うのだ
    けれどね。

  • 東久留米市の団地、小学校を舞台に展開された
    組織運営の中で生活を送った著者による
    ドキュメント。

    とても興味深い内容だが、ちょっと読み辛かった。
    一部ではあれ、こんな事があったとは全然知らなかった。

  • 一気読み。「滝山団地」や「小平団地」行きのバスを見かけるたびにこの本のことが脳裏をよぎった。常々、読みたいと思っていた本。

    読後の第一印象として筆者が経験したシステムの裏にはまだまだ「立身出世」が生きていると感じた。
    「立身出世」なんて夏目漱石よろしく明治時代に富国強兵とともに作られた近代のシステムだ。そのシステムが巧妙に形を変え、無意識に社会のなかでさもあたりまえのこととして存在している。ちょっと怖い。
    そういう現在も、このシステムは行き詰まりながら存在する。ただ、この時代のように二項対立的な発想は顕在化していないのではないか。

    筆者は少し世代が上だし、「滝山コミューン」ほど、がちがちにシステムのなかにいなかったにせよ、「班活動」は「給食の班」「登校班」「移動教室の班」といろいろなところにあって、自分はそこに構成員としてピースのなかにおしこまれていたのはまちがいない。「班」というシステムは一見「平等」であるようで、全然「平等」ではない。「(リーダーに)選ばれる」ことによって「指導していく」「指導されていくもの」に二分されてしまう。「個」はなく「群れのなかの一員」にすぎないと筆者は感じたにちがいない。足並みがそろっていないとまずいのだ。

    筆者が四谷大塚へ行くことをプラスに感じたのはそこは誰の指導のもとでなく、「個」である自分の意志で動いてそれが結果に結びついたから(もちろん、乗り鉄の楽しみもあったと思うが)。

    「滝山コミューン」は閉じられた空間だったからこそできたのだろう。このころの小学校の先生はいわゆる師範学校出身の先生と新制の教育学部出身の先生が混在していたに違いない。

    「教研」「全生研」(などの熱意ある教員が参加するグループ)「親が学校にどうかかわるか(「PTA」)この本を読むと、古い時代の遺物のように思えるが現実には姿・形を変え、脈々と続いているように感じる。
    「教育」は「人を育てる」システムだからか?
    「国」の礎だからか?

    なんにせよ、読み始めたときはお化け屋敷に入る好奇心もあったが、読み終わったときには個人的に昔あったいやなことを思い出して少し背筋の寒い思いをした。

  • 【由来】
    ・図書館の新書アラートで、この著者の最新刊。「知の訓練」がイマイチだったので、どうかな〜と思ってamazonで検索したところ、ちょっと面白そうかなと。

    【期待したもの】
    ・この著者の見極め第一弾。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 個人的にも暴力機構に関しては敬してこれを遠ざけたいが、「ひのきみwて馬鹿だし」
     とか言ひかねない先生方が、ナチス・ドイツもやったやうな暴力機構補完の儀礼を行ふといふ、すごいものが展開してゐた学校での地獄の生活を振り返る。
     かの鬼のパンツ販売促進歌、も暴力機構補完のために使はれた、と言ふのは、なんつうか。
     最近遠山啓先生の本が本屋さんで売ってたようわぁといふか、当時の教育界で問題があるつうたら遠山先生くらゐなんだよなぁと言ふか。

  • どうして日本人は保守もリベラルもいつのまにか権威主義、異質なものの排除という方向に向かいやすいのか… 戦後史における政治の時代と団地文化を関係付けた論考はとても面白かった。

    その一方で筆者も自分で書いてはいるが、「学者が自らの体験をもって語った」という構造上、そこには小さくない歪み、思い込みが織り込まれている。言ってしまえば、「あなたの小学生の記憶、それも学校やクラスメイトに少なくない疎外感、反発を抱いていた状態での主観的な記憶がどれだけ真実性を含むか」という批判である。その点からも、筆者の記憶や日記だけでなく、級友や保護者たちの証言ももう少し欲しいところだった。

  • 東京都東久留米市に存在する滝山団地。高度経済成長のさなかの典型的なベッドタウンとして開発された郊外団地の一つであるこの地において、1974年にある教育改革が行われようとしていた。

    社会学者の原武史が自らが体験したその教育改革を「滝山コミューン」と名付け、いったいそこで何が行われようとしていたのかを自伝的に語るドキュメンタリー。

    大きくこの改革は既存の算数についていけない小学生を対象とする「水道方式」という指導法と、自由で民主的なクラス作りを目的とする「学級集団づくり」という2つで構成される。一見まともなように見えるこの方式が、小学校という極めて閉鎖的な集団の中で変質していき、次第に生徒を追い詰めていく様子が克明に描かれる。この変質は程度の違いこそあれ、中国共産党による「文化大革命」を部分的に想起させるようなグロテスクさを有し、そのグロテスクさを甘美なものとして指導する一部の教師には吐き気すら覚える。

    この本が面白いのは、「政治の季節」と呼ばれた1960年代の社会主義的ムーブメントが一見終わったかのように見える1970年代においても、都会から距離のある郊外においては、ごく一部まだ生き残っていたという事実を描きだす点である。その点で、別の観点からの日本戦後史を描きだすことに本書は成功している。

  • 思い起こせば、どの学年かははっきりしないが小学校ときに、班競争で点数を競っていた気がする。班だと負けるから「あいつは班に入れたくない」というような言葉ももおぼえている。
    ボロ班、ビリ班には覚えがないが、集団責任はよく聞いた。
    軍国主義から脱却したはずが、個を抑圧する集団主義に陥っているという皮肉に、改めて公教育の怖さを感じた。

  • エンタメっぽいドキュメンタリーかなと思ったら、社会学の学術論文みたいな感じだった。なので、文章としては平坦で読みにくい。
    内容はとても面白い。バブル前、あの時代の小学校の「教育」ってものを言語化して示された感じ。
    思えばすごく全体主義的だったんだな、と。団地だからなおさら濃くなる全体主義。

    織田信長について答えよ、といわれて、
    筆者が信長の生涯について述べたら、ただ暗記しているだけと評価されず、
    「ぼくは光秀が憎らしい」と言った少年が、自分の頭で考えていると絶賛。
    こういうのが「新しい」「いまどきな」先生だった、という感じ、わかるわかる。
    そして生徒は先生の「新しい考え」に迎合するようになっていく。それって思想の強制であって、ぜんぜん自分の頭で考えてないのにね。
    校内選挙で、「何をする」と具体的にいうよりも、「みんなのための委員会にする」とかスローガンを掲げたほうが勝つ。きっと、先生が「みんなのための」って言葉が大好きだから。
    そういう雰囲気に反発を感じていた筆者のような少年は、先生から白眼視されていたんだろう。本当は、彼らこそが自分の頭で考える人間であろうに。
    まあ筆者は社会的に成功したわけだし、そういう人間を出すのも含めて、教育というのは必要悪なのかもしれません。

    全共闘や赤軍とかもそうだけど、国粋主義に対抗した思想のはずの左翼が、右翼よりも全体主義になるのは怖い。
    リベラルであるほど独裁、という矛盾はどこかの国を思い起こさせる。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

原武史(はら・たけし)
1962年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。東京大学大学院博士課程中退。山梨学院大学、明治学院大学を経て、現在、放送大学教授、明治学院大学名誉教授。専門は日本政治思想史。『「民都」大阪対「帝都」東京』(講談社)でサントリー学芸賞、『大正天皇』(朝日新聞社)で毎日出版文化賞、『滝山コミューン一九七四』(講談社)で講談社ノンフィクション賞、『昭和天皇』で司馬遼太郎賞をそれぞれ受賞。ほかに『〈出雲〉という思想』、『可視化された帝国』、『皇居前広場』、『団地の空間政治学』、『レッドアローとスターハウス』、『皇后考』、『「昭和天皇実録」を読む』、『平成の終焉』、『 〈女帝〉 の日本史』、『地形の思想史』、『「線」の思考』、『一日一考 日本の政治 』など著書多数。

「2021年 『最終列車』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原武史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
谷崎潤一郎
貴志 祐介
村上 春樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×