源氏物語 あさきゆめみし(5) (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.31
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062850124

作品紹介・あらすじ

この世の栄華をきわめた光源氏。あとは愛する紫の上とふたりで、しあわせな日々を送ろうとしていた。そんな源氏のもとへとどいた、ある姫君との縁談話。とうぜん断ろうとした源氏だったが、亡き初恋の人の面影をもとめる源氏に、ふたたび魔の手が忍びよる。1000年を超えてなお輝きを失わない、光源氏の波乱万丈の物語、ついに最終章へ-!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついに5巻完読!全巻通して、本当に魅力的な女性がいっぱい登場します。女性の立場からみたら、移り心の光源氏ってどーなのよ?って思っちゃうけど、心の奥を覗けばただ一人に想いを寄せてるからゆえ。。どの恋愛も勉強になりました!愛するって怖い。愛しすぎたら負けなのね。どの女性も素敵すぎる~。古典文学のほうもいつか読んでみたいわ。

  • 5巻。最終巻です。お世話になりました!
    やっと紫の上とで源氏さんは落ち着くだろうと思いきや・・・

    読了。いい勉強になりました~
    源氏さんの生涯を追いかけて行くと、本当にはらはらの連続でした。
    最後は清々しい終わり方。

    読んだあとに古文に目を向けると、背景が目に見えるようで、効果絶大です。早く授業でやらないかな~

  • 言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお供になっていた人も多いでしょう。今年はちょうど連載開始から30周年です。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1948年札幌市生まれ。66年に『どろぼう天使』で「週刊少女フレンド」よりデビュー。    77年『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞少女部門受賞。代表作に『あさきゆめみし』『N.Y.小町』『ヨコハマ物語』ほか。現在「BE・LOVE」にて『イシュタルの娘』を連載中。    2016年に画業50周年を迎えた。

「2018年 『小説 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

源氏物語 あさきゆめみし(5) (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

大和和紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
上橋 菜穂子
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする