のだめカンタービレ(11) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.57
  • (317)
  • (180)
  • (935)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 2929
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063405231

作品紹介・あらすじ

カプリチオーソ(気ままに気まぐれに)、カンタービレ(歌うように)。不思議少女・野田恵(のだめ)のクラシック音楽コメディ!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 千秋がネックレス買ってるとこがいいなーと思った。

  • 【由来】


    【期待したもの】

    ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 千秋順調に優勝。のだめが千秋がいなくて大変だ。集中力はすごい。オクレール先生ダメだし。

  • 講談社コミックスキス

  • バルトーク<舞踏組曲>#片平、千秋
    チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲ニ長調#千秋
    リスト 超絶技巧練習曲#のだめ
    スカルラッティ ソナタヘ長調K.525(L.188)#のだめ

    171213読了

  • 強引な人って嫌いなんだな。
    千秋は演奏旅行に行って何を得たんだろうか?
    一方のだめはオクレール先生にダメ出しされちゃって、結局のびのび好きな時に好きな曲を弾いてれば良かった子供の頃のピアノを求められちゃった感じ。
    ピアノより千秋と一緒に居られれば良かったというのが本音なだけに、ここが人生の岐路という感じがした。

  • ティル捕獲 片平 ジャン 勉強不足 砂漠のプロメテウス作戦 コマンタレブー=ご機嫌如何? マドモアゼル=お嬢さん 男が女にジュエリーを贈るのって独占欲の現れじゃない⁉︎ 超絶技巧 町の何でも屋 ブラームス チェコプラハ Rui 海苔農家 福岡県大川市 二ノ宮知子にのみやともこ

  • 11~22巻まで。
    ミルヒあせるくらいかっこよくてどうしようかと。
    ラストがほんとによかった。
    ほんとに漫画がうまい。
    語彙力もないけどほんとにぐっとくる。
    人生が豊かになる漫画。

  • Oh my ひじき。

  • このあとは分からないけど、ドラマ版と比較してみると、やっぱり原作は基本的にコメディで、色々なことが重くなり過ぎてなくて好き・・・!キャラクターとの距離感がちょうど良いのかも。

全110件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

のだめカンタービレ(11) (KC KISS)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

のだめカンタービレ(11) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする