逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)

著者 : 海野つなみ
  • 講談社 (2016年6月13日発売)
3.88
  • (26)
  • (58)
  • (37)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :429
  • レビュー :26
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063409840

作品紹介

就職としての契約結婚をした、みくりと津崎さんだが、契約恋人の期間を経てホンモノと恋人となった。それはいいのだが、結婚の契約部分はどうなるのか新たな問題が持ち上がる。そんなとき、津崎さんの勤務先に統合の話が!? 急展開の最新刊!!

就職としての契約結婚をした、みくりと津崎さんだが、契約恋人の期間を経てホンモノと恋人となった。それはいいのだが、結婚の契約部分はどうなるのか新たな問題が持ち上がる。そんなとき、津崎さんの勤務先に統合の話が!? 急展開の最新刊!!

逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祝、ドラマ化❗
    レンアイと仕事、つまりは人生を考えさせる最近のお気に入りベスト。しかも掘り下げ方が半端なくて本音やいわゆるタブーがてんこ盛り、なのに、わりと笑えるのもすばらしい。
    大人の男性にも、思春期のお子たちにも読んでもらいたい作品。

    前巻では幸せボケしてたひらまささんが、みくりの悩みに気づき、自分も変わることで歩み寄ろうとしていて、嬉しかった。
    みくりは今回お休み中という感じだが、まわりのキャラが動いているので、あちこち楽しみ。
    ひらまささんの転職先と、みくりが考えている八百屋さんの形が、この先うまい具合にリンクしていきそうかも?

  • 対象を「可愛い」という感覚の男女差。なるほどなー。サブキャラがほんと絶妙、シンママと肉食女子。

  • 別居中のみくりが、八百屋でのバイトを通じて「仕事とは」「お金とは」と考えを巡らせる巻。そして、百合ちゃんとイケメンの仲がだんだん深まっていく巻。

  • この辺からドラマ放映時に連載中の段階になったのか、ドラマとは違う展開に。
    やっさんの設定が少し違うけど、まあ本筋に関係ないのでこれを説明するのもなあ、という感じではある。

  • 人生はそこで決断して大きな一歩を踏み出すかどうか
    心が動き出す

  • 途中から
    風見さんと百合さんが
    面白くなってきた…(・・;)

    風見さん、スマートだわ
    学ばなければ
    ---------------
    P103
    「…百合さん
    抱きしめて
    いいですか」
    「だめよ!」

    P120
    「その気のない相手に
    襲いかかるのは
    男女問わず
    犯罪者だからね」

    P127
    「面識のない男を
    落としたいと思ったら
    ただひたすら見つめるのよ。
    目が合っても
    そらしちゃダメ。
    そうしたら
    向こうから話しかけてくるわ
    知り合いかもと思って」
    「話しかけてこない場合は
    どうするんですか」
    「そんな男は
    そうしたって
    うまくいかないから
    早々に切り捨てるのよ」
    「勉強になります」

    P134
    「結婚めんどくさい
    自分のペースで生きたーい」
    「結婚したいとは
    思ってない人と
    付き合えばいいんじゃないですか」

    ↑ああ、結局風見さんはこれか!
    って思った

    P136
    「精進します」
    ------------
    P141
    「基本人と人とは
    わかり合えないと
    思ってますからね
    だから相手に
    興味もわくし
    伝わらなくても
    必要以上に
    へこまないようにしてます」

    ↑五十嵐安奈ちゃん、
    なかなか興味深い!
    いろいろ面白い人が出てくる。
    思うに漫画の作者って
    人間をよく見てるし考えてるよね。
    絵がうまいだけじゃなれないわ
    -----------
    P167
    人生は勝ち負けじゃなくて
    味わうもの

    P172
    「後書き」
    どうもこの作品を
    "仕事もの"として読んでるか
    "恋愛もの"として読んでるか
    によって感想が違う

  • 全9巻読了。結婚を就職と捉え株式会社平匡に就職したみくり。「決断で大きく道が分かれる どちらを選んでも同じ人間だから幸せの感じ方は 多分同じなんだろう けど幸せの種類が変わってくる」7巻目にして初めて平匡の台詞にしみじみ。誰かを好きになると人は成長するよなぁと思いながらも、注目は百合ちゃんと風見。

  • ハグしてくれるの待ちの平匡さんたら、萌え、、、。平匡さんの部署が縮小されることになり転職を視野に入れて動き出した彼に、一旦ストップをかけるみくりちゃん。しばし離れて暮らす間に色々と思考はぐるぐるし続ける。百合ちゃんの職場近くに転職先が決まった風見さんと時折飲みに行くようになり、百合ちゃんと風見さんのお互いを認識する角度も変化してきた。

    離れて暮らしてみてやっぱり平匡さんが好き〜〜っ、なんてきっと前のみくりちゃんは口に出さなかっただろうし、平匡さんは沼田さんに指摘されたように感情が現れることも無かったんだろう。独身イケメン貴族の風見さんが恋愛・結婚について深く考えるようになったのも、独身のまま生涯を終えるつもりの百合ちゃんが落とした涙の意味も、ひとが好意あるひとと付き合っていくための苦痛であり、あたたかいものだと知る。

  • みくりが「同性婚がオッケーになったらその制度を利用して恋愛感情じゃなくても友達同士で暮らすのもありなのでは」って考えてて、こういう考えが純粋に同性と結婚したい人たちの邪魔をしてるんだろうなーと思った。
    本当この漫画読んでるといろいろ考えさせられる。
    「嫌々やってるより自分が楽しい環境に改善するほうが毎日気持ちがいい」っていうのもその通りだと思う。作者さんの後書きを読んでも、日々の必要なことを工夫する大切さをしみじみと感じた。
    あと、前巻について後書きで「“仕事もの”として読んでるか“恋愛もの”として読んでるかによって感想が違う」っていうの、なるほどなーと思った。私は恋愛ものとして読んでる、つまり恋愛要素を期待して読んでるから結婚をすんなり受け入れられないみくりにもやもやしたんだな。勉強になります。

  • ・転職/百合デート
    ・両手壁ドン

    P131「私 風見さんに興味あるんでもっと親しくなりたいんです」「僕があなたに興味ないとは考えないんですね」
    「えーーーじゃあ是非 なんで興味がないのかをじっくり聞かせてくださいよ」

    つよい。大変つよい。

    そして一方、百合ちゃんは・・・

全26件中 1 - 10件を表示

逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)のその他の作品

海野つなみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

逃げるは恥だが役に立つ(7) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする