トッキュー!!(5) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.59
  • (40)
  • (18)
  • (107)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 268
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063634761

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 兵悟くん漂流の巻からのトッキュー入隊まで。

  • 海での遭難はきついな…
    もちろん山もきついんだろうけど…

  • 空から救助に来ます!!
    すべては人の命を救うために

  •  漂流篇が怖い。そりゃそう簡単に見つけてもらえないよなぁ。何か海水に着色して,捜索隊に発見してもらいやすくなるようなレスキュー道具ってなかったっけ。それがあれば助かるのかな。

  • 第32話 渚にて…
    第33話 涙のはじまり
    第34話 明日になれば…
    第35話 死に神の海
    第36話 祈りの声
    第37話 ぬくもり
    第38話 さようなら「しらは」
    第39話 新天地
    第40話 入隊初日!!

  • 漂流編が収録されています。泣けました。

  • もう、とにかく、中表紙だけでやられました。

  • 5だけ

  • 「神様お願いだから2人を帰してください…!」のシーンで涙腺破壊。

  • 兵悟トキュいりおめでとう!

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

同名著者複数。

1. 小森陽一(こもり よういち)
1967年、佐賀県生まれの小説家、漫画原作者、脚本家。大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業後、東映助監督、テレビ製作会社勤務を経て作家に。原案を担当した『海猿』は後にテレビドラマ化、実写映画化。マンガ原作の代表として、『トッキュー!!』、『天神-TENJIN-』。小説家としては「天神シリーズ」、そして2018年10月映画化される『オズの世界』。

2. 小森陽一(こもり よういち)
1953年、東京都生まれの研究者。東京大学総合文化研究科(言語情報科学専攻)教授。専攻は近代日本文学、近代日本の言語態分析、現代日本の小説と批評。全国「九条の会」事務局長。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。成城大学文芸学部助教授、東京大学教養学部助教授を経て、現職。
主な著書に、『ことばの力 平和の力――近代日本文学と日本国憲法』(かもがわ出版)、『記憶せよ、抗議せよ、そして、生き延びよ 小森陽一対談集』(シネ・フロント社)、『あの出来事を憶えておこう 2008年からの憲法クロニクル』(新日本出版社)など。

トッキュー!!(5) (講談社コミックス)のその他の作品

小森陽一の作品

ツイートする