バガボンド(28)(モーニングKC)

著者 :
制作 : 吉川 英治 
  • 講談社
3.90
  • (99)
  • (65)
  • (116)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 1068
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・マンガ (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063726855

作品紹介・あらすじ

「強い」とはどういうことか……。
六十余戦無敗だった男「宮本武蔵」を、井上雄彦が圧倒的画力で描く超話題作!


「天が この俺から 剣を奪う?」七十人斬りの“代償”が、武蔵を絶望に突き落とすーー。小次郎と辻風黄平の奇妙な邂逅を描いた特別編、収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉岡から受けた傷でボロボロ。又八が助けておつうさんが看病。足はもうだめなのかなぁ。そして逮捕。

  • 一乗寺下り松での戦いに勝利をおさめた武蔵でしたが、彼自身も力尽き、倒れてしまいます。そんな彼を発見し救出したのは又八でした。やがて意識を取り戻した武蔵は、沢庵やおつうたちと再会を果たします。

    しかし、武蔵が足に負った傷は深く、彼は歩くこともままなりません。そんな彼に沢庵は、剣を捨てろという天の意志ではないかと告げます。

  • 又八活躍。おつうじゃ運べなかった。この巻の半分以上を過ぎてからやっと武蔵自身も現状把握ができて混乱する。子どもの運動会でお父さんが走って足つっちゃうみたいなのに似てるのかなとぜんぜん違う次元のことを考えた。

  • 2008年11月8日読了。

    70人斬りの果てに。
    武蔵と又八。武蔵とおつう。

    天が、剣を……。

    もう闘えないなんて……。
    それだったら闘いで……。

    だが、まだ小次郎とは、まだ。

  • ほとんど戦闘シーンないけど、この巻面白かった!内面の描き方も感覚的で、読んでてどんどん好きになるなぁ・・・!でもやっぱり沢庵は苦手なキャラで、出てくるとうるさく感じちゃう。

  • 以前、一通り読んだのだけれど、人の家にあって、つい読んでしまった。内容はけっこう忘れていた。
    それにしても、だんだんと説教っぽくなるのは否めない。
    インシュンとの戦いのところとか、おもしろかったな〜。

  • 宮本武蔵が怪我で動けない為、おつうや又八、城太郎の登場回数が増え、とてもほのぼのした巻

  • 蛙 又七 殴られない方が痛かったよ ムチュー 沢庵坊 死んだ方がまし 役人 羅刹 スタイル 田舎娘 尾張 奈良 柳生 疎ましい 祈り

  • 久しぶりに平和な巻…。おつうが出てくると癒される。今回は又八もいい又八。

  • 深手を負い立ち止まる武蔵。又八の優しすぎる弱き者の描かれ方が素晴らしい。「俺は全部自分で壊してる。 大切なもの全部……」に涙。優しいから弱いから流されやすいから行き着いた今の生き方を変えられるのか。又八改めての出直しの一歩が気になる。

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

井上 雄彦(いのうえ たけひこ)
1967年、鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身の漫画家。
1988年、手塚賞入選の「楓パープル」でデビュー。1990年連載をはじめた『SLAM DUNK』は日本のバスケブームの火付け役となり、1995年第40回小学館漫画賞を受賞。2004年に国内発行部数1億部を突破、いまなお「完全版」など再発されては版を繰り返している。2006年、「日本のメディア芸術100選」においてマンガ部門1位を獲得。
『バガボンド』は文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、手塚治虫文化賞マンガ大賞、平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞文化賞をそれぞれ受賞。

井上雄彦の作品

バガボンド(28)(モーニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする