ミライのつくり方2020―2045 僕がVRに賭けるわけ (星海社新書)

  • 講談社
4.13
  • (4)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065116517

作品紹介・あらすじ

VR界の第一人者、GOROmanがVR技術の発展と浸透をベースに人類の未来を予言する1冊。未来を知りたければこの本を読め!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここで描かれる未来像に全くワクワクできず、最後まで読み切れなかった。最後は本当に苦しくて、こんな未来の何が喜ばしいのかわからなかった。
    その正体は、著者の前提に「人間は怠惰な生き物だ」というのがあるからかもしれない。
    それは真実だし、実際にVRはこれからもっと進化して、ある程度エンタメを変え、現実と見分けがつかないようにコミュニケーションも変えていくのだろう。
    ただ僕はテクノロジーの進化によって、人間をエンパワーする未来像が聞きたかった。

  • VRの先の妄想のところ、なかなかおもしろかった。社員がやめていきましたみたいなのが二回くらい書いてあるけどそこのまとめがまあしかたないです社長がこんなんですからってのは、ちょっとひっかっかった。なんだろう。まあいいや。バルマーをSAOネタで釣るところとかは、昔ヘリでスティーブジョブスに会いに行った西さんのころの話を彷彿とさせるけど、これはたぶんノウハウ集として読んではいけないところ。で、バルマーとフェイスブックの絡みのところとかは、もう、なんか、ああ、こういう感じだろうなってのが、よくわかって辛くなる。で、ビジネスにしないと次の段階に行けないんだけど、そこに行ききれてない気がしちゃうんだよね。えらい高くなってる。

  • 新清士氏の「VRビジネスの衝撃」と併せて読んでいただきたい。
    こちらのゴローマン氏の本は、ゲーム業界経験の豊かな、氏の目線から日本におけるVRビジネスの経緯を裏側の話も含めて紹介しており、読み物として楽しい(もちろん勉強にもなる)。
    新氏の作品は、ゴローマン氏の作品よりもより大きな流れでVR業界を眺めるものであり、それぞれ視点が違うが、同じ世界を観ているため、併せて読むと興味深い。

  • 将来VRが世界の隅々に広まった新しい世界ができるのかもと思うけど、物理的なモノは無くなりはしないだろうし、本当に国の定義とかが変わるとしたら数十年とかではないだろうなと。というか本当に変わるのかね。

  • この著者はHMDやVRについて読者が理解しやすいように、とても分かりやすく伝えてくれる人だなと思いました。僕のような新しいものに疎い人間もそれを使っているところをイメージできるような本だと思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

西田宗千佳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合陽一
ジェームス W....
クリス・アンダー...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

ミライのつくり方2020―2045 僕がVRに賭けるわけ (星海社新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする