みんなのおばけずかん みはりんぼう (どうわがいっぱい)

  • 講談社
4.17
  • (21)
  • (8)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 455
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (82ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065148631

作品紹介・あらすじ

累計40万部の大人気シリーズ「おばけずかん」の最新刊です。
 それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうすればだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話仕立てで紹介する、図鑑という名の童話です。

累計40万部の大人気シリーズ「おばけずかん」の最新刊です。それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうすればだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話で紹介する、図鑑という名の童話です。今回は、2018年夏に開催した「LaQ×おばけずかん 作品コンテスト」で入賞したおばけを、斉藤洋さんが物語にした、読者参加型企画第二弾。みんなの考えたおばけも、こわいけど、おもしろい!
この本に登場するおばけ

みはりんぼう
はみがきせんかい
ろーらららら
プールぼうず
どろどろどろーん
みっしつのブロッカ
ふろひきずり
みちくさおばけ




※漢字は使用しません

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縛り台のお化けが言って戻るところが面白かったです

  • ま ①20231212、②20240105、③20240107

  • よるにひとりであそんでいると、みはりんぼつがやってくる。こわくないよ。

  • 絵も多く、文字も大きく低学年の1人読みにおすすめ。おばけは子ども大好きですよね。
    〇低学年1人読み~

  • どろどろーんにつかまってもいつかおとされてどろどろーんはちがうわるいこをつかまえにいくからほっとした。
    *おこづかいで買った本

  • ろーららららにのってみたいです。

  • 斎藤洋作、宮本えつよし画の児童書。一般募集したオリジナルのお化けを基にお化けをつくり、それらの特徴をひとつひとつ紹介する構成になっている。
    最後の「みちくさおばけ」で、作者たちが登場するのはちょっと笑ってしまった。

  • 娘図書館記録
    こわいおばけもおもしろいおばけもいろいろなおばけ

  • たのしかった

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。「どうわがいっぱい」シリーズの作品に、「もぐら」シリーズ、「ペンギン」シリーズなどがある。

「2022年 『がっこうのおばけずかん シールブック 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×