ちはやふる(42) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (9)
  • (12)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065166680

作品紹介・あらすじ

クイーン戦へむけ、近江神宮へ降り立った千早。緊張を増す中、新に出会って気持ちがほぐれる。前夜祭を終えて部屋に戻った千早に待ち受けていた、まさかのアクシデントとは――!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白かった

  • 決戦。

  • 年明け1月3日から、前日の大津入りを経ていよいよ1月5日の名人・クイーン決定戦当日の朝まで。千早を中心に詩暢ちゃん、新、周防名人ら当事者、そして応援に駆けつける人、関係者それぞれの緊迫した表情にこちらも緊張感が増していく…大会運営に、個人に、ピンチが相次ぐ中でふと新がのぞかせた気持ちが尊い。そして奏ちゃんのさりげなく全方位行き届いた支え方も友情を超えた愛だなぁと感じ入る。
    男女対等に勝負できるのに扱いに差があると感じられていたクイーン戦がついに5番勝負になったという元クイーンたちの感慨と、かるたの未来も見据えてメディアも巻き込んで試行錯誤する若きクイーン&挑戦者への年輩者たち(主に男性)の冷ややかな態度、同樣に一匹狼の周防名人を疎んじ伝統の継承者としての新に期待する協会の雰囲気がこれからの展開でどう動いていくのだろう…
    (ちょっと大河ドラマ「いだてん」と重なるテーマも多く、それがいまっぽい)

    次は12月か…

  • 読了。良い。

  • 失敗が起こりうる状況では、必ず失敗が起こる、という
    マーフィーの法則のようなトラブル続き。
    ちはやのコメントは力強く、格好良かった。
    最後の戦いではあろうが、まだまだ長く続きそうだ。
    周防さんは勝つか死ぬかしかなさそう……。

  • すごいぞ、1巻まるまる使ってまだ試合が始まらないw❗
    緊張でアガる ちはやってレアだな~(^^;
    千歳ねーちゃんが根性据わってプロで優しい!
    最近ちょっと黒かったけど、やっぱりちはやが大好きなお姉ちゃんだけあるね。
    YouTubeとかニコ動とか、スポンサー募集行動したら、浮わついてるのか? 伝統技能の世界は、そういうアタマの固さを変えてかないと、廃れていっちゃうよね。急に社会問題ぶっ込んできたけど、今後の詩暢ちゃん&ちはやの活躍に期待✨

  • 5ページに1回ってくらいボロボロに泣いてしまう。なんかもう親みたいな気持ちになってんだよな……。
    文明やアプローチ手法はめまぐるしく変わること、取り巻く環境と隔たりがあること、それを変えたい思いはいつの時代もあること、それらを繋ぐものが千年続く伝統なこと。ほんまにも〜〜〜なんじゃこりゃ〜〜〜ってくらい情報がすごい。情報っていうかこっちが感じる情動の多さが。
    あと千歳!おねーちゃん!あんなにストイックにお仕事してる姿を何巻にもわたって見てるのに着物がないって知ったとたん夜行で迷わず向かうってマジで尊すぎんか?泣いちゃう
    こないだツイッター見ましたけど末次先生4人もご出産されてるんですね!!??おめでとうございます、、連載なさってて4人ってすごすぎる……

  • いやあ、ここにきてフェミニズムをぶっこんでくるとは……!
    作者のトレンドを読む力に改めて驚愕。。。

    前巻で、これ絶対荷物取り違え起こるやつ……!!と思ってたら案の定。。。
    しかも大雪て。

    詩暢ちゃんと千早を、紫式部と清少納言に例えるの、さすがかなちゃん!

    そして九頭龍さん来た!
    この伏線も絶対回収されると踏んでたやつ!

    千早にの「核になる人」って、新っつーよりお姉ちゃんなのでは???

  • 大江さんの着物力が、ちはやに継承されている!!

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

末次 由紀(すえつぐ ゆき)
福岡県出身の漫画家。
小学生高学年の頃より漫画を描き始め、中学1年生の頃より投稿を始める。1992年、末次由記名義で投稿した「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞。同作が『なかよし増刊』に掲載されデビュー。
2008年、代表作となる「ちはやふる」連載開始。翌年第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに『このマンガがすごい!2010』のオンナ編で第1位となった。2011年第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。アニメ化、広瀬すず主演による実写映画化もされる大ヒット作になった。競技かるたの普及にも貢献した。

ちはやふる(42) (BE LOVE KC)のその他の作品

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(42) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする