ぼくは始祖鳥になりたい (集英社文庫)

著者 :
  • 集英社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (648ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087473339

作品紹介・あらすじ

青年ジローは出発した。アメリカ大陸を遍歴して、黒人の宇宙飛行士ジム、日系女性のレイ、不思議な天文学者たちと出会い、混血のネイティヴ女性と恋に落ちる。やがてジローは、中米で闘う先住民支援のためカリブ海を密航していく。密林の戦場をさまよい、極限を潜りぬけ、アメリカの空港に降り立った時、ジローを迎えたのは意外にも…。神話世界から、科学、哲学、エロスを統合しようと試みる「文芸復興」のための一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 昔新聞の新刊広告で見かけてから気になっていた作品。途中の南米ゲリラのパートで少し中だるみしてしまって勢いが止まってしまったが、最後のさまざまな人たちの意識が重なり合って宇宙へ発信される所はかっこいい。ちょっとオネアミスの翼にも通ずる部分がある。基本的なテーマや語り口は人間の精神性の拡張みたいなところが強調されていてけっこう好み。ただこの作品を書くための取材を元にしたルポというかエッセイというかの「宇宙的ナンセンスの時代」を先に読んでしまったのは失敗だった。小説を読みながら、「ああ、これはあの取材の所だ」といったようにウラが見えてしまうような感じになってしまった。それがなければ、またスピードを失わずに読んでいればもっと面白かったのではないか。うーん残念。

  • [ 内容 ]
    青年ジローは出発した。
    アメリカ大陸を遍歴して、黒人の宇宙飛行士ジム、日系女性のレイ、不思議な天文学者たちと出会い、混血のネイティヴ女性と恋に落ちる。
    やがてジローは、中米で闘う先住民支援のためカリブ海を密航していく。
    密林の戦場をさまよい、極限を潜りぬけ、アメリカの空港に降り立った時、ジローを迎えたのは意外にも…。
    神話世界から、科学、哲学、エロスを統合しようと試みる「文芸復興」のための一冊。

    [ 目次 ]


    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1944年ハルピン生まれ。鹿児島県立甲南高校校卒業後、アメリカへ渡る。ニューヨークで通算13年暮らし、世界60数カ国を歩いた。
早稲田大学客員教授、大阪芸術大学教授などを歴任。
著書『南風』(文藝賞)、『金色の象』(野間文芸新人賞)、『焼身』(読売文学賞 芸術選奨文部科学大臣賞)、『魔王の愛』(伊藤整文学賞)。ほかに『グリニッジの光りを離れて』、『ぼくは始祖鳥になりたい』『金色の虎』、『永遠の道は曲りくねる』など多数。

「2019年 『南風』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮内勝典の作品

ツイートする
×