釣女―花房一平捕物夜話 (集英社文庫)

著者 : 平岩弓枝
  • 集英社 (1983年1月1日発売)
3.24
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784087506990

釣女―花房一平捕物夜話 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 御目付、遠山金四郎景晋の配下、花房一平の活躍を描く捕物帳。
    御宿かわせみより少し軽く感じるのは一平が気ままな独身で、妻に、と思っている女性はいるけれど、余所の美女にも割とふらっと心が動いたりするところなのかな?
    でも、くどくど紹介を書き込まずとも人物が見えたり町の雰囲気が分かったりという筆力はさすが平岩さんです。読みやすく面白い。

  • L 花房一平捕物夜話1

    かわせみや新八より前作品か?
    一平は立場は新八郎、人格は東吾みたいな。八丁堀じゃないのにやたら事件に遭遇し、友人の同心の手助けをする。そしてやたらモテる。色香は東吾並みで独り者。ただクセがなさすぎて無難な人物像。

全2件中 1 - 2件を表示

平岩弓枝の作品

釣女―花房一平捕物夜話 (集英社文庫)はこんな本です

ツイートする