フィメールの逸話(1) (セブンティーンコミックス)

著者 :
  • 集英社
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784088542041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何回読んでも泣きます。

  • 将(たもつ)の隣のクラスの慧(けい)が事故死した数日後、
    今度は同級生の女子・和音(かずね)が自殺を図ったが、
    彼女は葬儀の最中に生き返る。
    登校してきた和音は、事故によって肉体を離れた慧の魂が
    生きる力を失った和音の身体に入って蘇生したのだと将に告げ、
    慧だったときは何も言えなかったが、和音として女になった今、
    誰憚ることなく将を好きだと言える――と告白。
    葬式の途中で生き返るというと、大島弓子『四月怪談』を連想。
    あちらはハッピーエンドになるけれども……。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2001年、大阪外国語大学大学院より修士号取得。2007年、大阪外国語大学大学院より博士号取得。現在は東京をベースに翻訳・通訳・プライベートレッスンを行なう。著書に『旅の指さし会話帳(31)デンマーク』(情報センター出版局、2002年)『デンマーク語慣用表現小辞典』(共著、大学書林、2003年)

「2017年 『デンマーク語のしくみ《新版》』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木雅子の作品

フィメールの逸話(1) (セブンティーンコミックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×