耽美生活百科 (YOUNG YOUコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.76
  • (125)
  • (63)
  • (214)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 663
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・マンガ (167ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088645032

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔、何かで目にしたのですが、これを読んで、嶽本野ばらさんが、あまりにも自分とそっくりな生活をしているので驚き、共感した。とあって、なんだか読めば納得させられました。耽美といっても、肩の力が抜けていて、小難しい話など下らないから無しです。といった軽やかさ。揺るぎない価値観のもと、全てを取捨選択する生き方に慣れ切った作者の暮らしぶりが、素敵です。孤立無援は当たり前。とことん自分の求めるものを特別扱いし、それとともに生きる。覚悟とか決意とか、そういった重苦しく野暮なものも涼しげに飛び越えて、愉しみながら暮らすマキさんは凛としています。

  • 楠本まきのエッセイテイストな漫画
    ごくマレに読み返す。自分の世界観持ってる人ってステキだね

  • 自分のための生活。
    自分のためのスタイル。

  • この本を人生のバイブルにしたらいけないんだろうけど、迷ったら開いてしまう。
    憧れます。耽美って素晴らしいです。
    最後がぐだぐだなのが楠本さんらしい。(笑

  •  タンビニャーには持っていたい1冊。
     楠本まきのこだわりや海外の旅行記やら耽美なものについて紹介
     おもしろい

  • タンビニャーとして頑張りたいと思いますw

  • 楠本まきさんのセンスや世界観を描いているエッセイ。こだわりっぷりが面白いです。好きで何度も読んでいる割に耽美にはなっていないが。。。

  • タンビーニャいちいちめんどくさくてすてきだわ。

  • 楠本まきさんの耽美生活についての考察というより、彼女のエッセイ集。
    彼女のライフスタイル、影響を受けたものなど。「ゴシック」の精神に通じるものがあります。絵が綺麗なので、眺めていても楽しいです。
    楠本さんの作品を読んだことが無い方でも楽しめると思います。

  • 楠本さんのエッセイ。
    これが理想の生活!ってかんじ。
    後半はなんか方向がずれてきて笑えます。

楠本まきの作品

ツイートする