To LOVEる -とらぶる- (3) (ジャンプコミックス)

  • 集英社
3.45
  • (18)
  • (24)
  • (81)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 466
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088743455

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻で少しだけストーリーが動き出した印象。

    前巻に続いて臨海学校が舞台の第18話では、ララがリトへの信頼をはっきりと口にします。さらに、ララの幼なじみのレンがララを追って地球へやってきて、リトへの対抗心をあからさまに示すことで、リトの心が少し揺れ始めます。

    あと気づいたこととしては、脇役たちがけっこういい仕事をしていることでしょうか。春菜にセクハラめいたちょっかいをかける親友の里紗と未央、学園祭の出し物にアニマル喫茶を強行採決した猿山には、個人的に感謝状を贈りたいくらいです。

  • ライバルを登場させにくそうな構図だったが、なかなか面白いのが出てきた。お嬢さまは正直……トラブルの発端以外の役割にはなれそうにない。それにしても、文化祭の準備期間、短すぎるんじゃないか。

  • 9784088743455 187p 2009・6・10 13刷

  • 先輩が登場する巻。
    結構先輩好きなんです。
    春菜ちゃんも少しずつリトに歩み寄ろうかな~・・・ぐらいの頑張りがちょっとだけ見え始める。
    レンちゃんの登場によってララへの思いを再考させられる巻なんですが速攻空気!

  • キャラがだいたい揃って、ストーリーが転がり出した感じです。
    その代り、ちょっと露出が減った…?

  • <Img Src="http://www.atpaint.jp/naruse/src/1217146259548.jpg">
    仲良くバスタイム♪ どんだけサービスすれば作者は気が済むんでしょうか;;

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

矢吹 健太朗(やぶき けんたろう)
1980年高知県生まれ、岡山県育ちの漫画家。男性。
第14回天下一漫画賞(1997年9月期)で、「MOON DUST」により秋本治審査員特別賞を受賞。デビュー時は現役高校生だった。初連載作『邪馬台幻想記』開始時は18歳。
代表作に『BLACK CAT』、『To LOVEる -とらぶる-シリーズ』。

To LOVEる -とらぶる- (3) (ジャンプコミックス)のその他の作品

矢吹健太朗の作品

ツイートする