ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)

著者 :
  • 集英社
3.82
  • (31)
  • (51)
  • (51)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 786
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088792149

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不登校とクラスに馴染めない描写がリアルすぎて引く。誰が、誰が得するんだ。

  • 学校に通うはじめたジュンですが、彼の心はちょっとした出来事にも動揺しますが、鳥海にはすこしだけ心を開き、ローゼンメイデンについて話します。一方、退院した柿崎めぐも、ジュンの通う学校に転校生としてやってきます。

    すこしずつシリアスな展開へと移っていきますが、ジュンと翠星石のコミカルなラブコメシーンもかわいらしくてたのしんで読めました。

  • 【レンタル】思ってたよりめぐちゃんが悪女でびっくりした件。翠星石ちゃんのドキドキスクールライフ可愛い。報われないツンデレwww鳥海くんが怪しくて、可愛い顔してるのに信用できないのがツラい。

  • 誰か竹を割ったような性格のキャラはいないのか!(姉とか?) 繊細にも硬質な画に合った見事なめんどくささのアンサンブル。胃にもたれるのもまた楽しく、前に進んでゆく物語でもあるのだから先が期待されるのだ。

  • 再読。

    社会復帰へなんとか一進一退しつつも、なんとか踏ん張ってるジュン君と、すべてを掻きみださんとする、めぐ。
    碧いことジュンのドキドキタイムが癒やし、もしや、最後の癒やし……?

  • ジュン、引きこもりから復活。
    いろんな事が動き始めた感じがあります。

    めぐって、こんな感じの人でしたっけ?というか、今まであんまりこの子、クローズアップされていないのか。
    それとも、糸でだれかに操られている?

  • 蒼星石の意識の変化は、一つの魂を持つモノとしてローゼンの理想に近い様な気がします。
    白薔薇末妹の望んでる未来はアリスゲームの勝利というより其れを超えたところにありそうです…。

  • 9784088792149 191p 2011・11・23 1刷

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

PEACH-PIT(ピーチ・ピット)
「千道万里」、「えばら渋子」による二人組女性漫画家ユニット。千道は主にシナリオ・プロットを、えばらはネームを担当し、作画は両人とも行っている。
代表作に『ローゼンメイデン』『ZOMBIE-LOAN』『しゅごキャラ!』。

PEACH-PITの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ローゼンメイデン 6 (ヤングジャンプコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×