プレイボール2 10 (ジャンプコミックス)

  • 集英社
3.93
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784088825069

作品紹介・あらすじ

強豪・川北商業との準々決勝は、初回、4番・谷口の満塁本塁打で墨谷が4点先制! しかし、じわじわと追い上げられ、8回裏、同点とされる。最終回、イガラシの機転で勝ち越し点を入れる墨谷。1点を守るべくマウンドにあがった谷口だが、ノーアウト満塁のピンチを招いてしまう! 果たして、谷口は、この危機を抑えることが出来るのか…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏の甲子園の東京都予選の準々決勝の川北商業との一戦は、九回表に勝ち越した墨谷高校が何とか逃げ切り、準決勝に進出した。
    ストーリーを予想すると、墨谷高校は甲子園出場を果たし、甲子園でも、そこそこの活躍をするのだと思う。墨谷高校にとっては、準々決勝が4試合目、それでコミックの10巻目なので、予想通りにストーリーが進むと、相当長い話になりそうだ。
    それは、文句を言っている訳ではなく、楽しみにしているということ。

  • プレイボールは私の聖典。
    で、その続編というかスピンオフというかの2は、1〜2巻を読んで、合わないと思ってやめてしまっていた。
    でも面白いという評判を聞いて、もう一度読み直し、今、10巻。
    最高に面白い!

    まず、主人公である谷口があまりに優柔不断で親近感。彼が普通の高校生に見える。もちろんあのホームランにはビビったけど。

    井口もかわいい。すぐ調子に乗るし、ちっとも謙虚にならないところもいい。

    半田も頑張っていて、嬉しい。もともと贔屓にしていたので

    そして、なんといっても、五十嵐!完全無欠キャラだったのに、2で描かれるイガラシがもう天才小僧で、愛しい。初めて好きになった。

    谷口って高校を卒業したらどうするのかなあ。大学?実業団?プロ?
    プロって感じがしないから、実業団かなあ。あるいは大学?

    監督にはなってほしくない。彼の根性論は、選手を潰す。一緒に特訓しているからまだギリギリの一線が守られているけれど、監督になっちゃったら恐ろしい。

    そして何といっても、ベータとVHSのネタがこんなに面白い漫画ある!?大笑いした。
    そしてそのビデオももうないんだから、技術の進化がすごい。

  • もうちょいじっくり展開させてもいいかなぁ。

  • やっぱり谷口くんは魅力的だな‼️

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

出身:長野県、血液型:A型、デビュー:1989年、ビッグコミックスピリッツ『男と女のおかしなストーリー』。生まれて初めてサインペンだけで完成させた漫画を、生まれて初めて出版社に持っていったら2カ月後に本に載ってたネ。(自慢)受賞歴:普段は「賞なんぞいらんわい」というような顔をしているが、本当は欲しいんですよ~。コミックス:『おれはキャプテン』1~35巻(以下続刊)、尊敬する人:レーシングドライバー土屋圭一・クリス・ペプラー(DJ)

「2014年 『おれはキャプテン(35)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

コージィ城倉の作品

ツイートする
×