菊池亜希子ムック マッシュ VOL.2 (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)

著者 :
  • 小学館
4.45
  • (84)
  • (35)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 564
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784091036322

作品紹介・あらすじ

菊池亜希子ムック第2弾の大特集は“男子”

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • なんとなく買ってしまったり、貰い物だったり、自分の身の回りのもの全てが同じくらい大切で、全てをちゃんと使えているわけではない。
    そういうもの達とどんな風に付き合っていくかが今の課題。

    巻末の「わたし、30」を読んで持つもの、使うものを選ぶということを、もっと真剣に考えた方がいいのかな。
    もっと自分のことを考えてみたくなった。

  • 今回もすてき!

  • 隅から隅まで「あっこ」エッセンス満載だなぁ!!思っていた以上に読み応えあって、あっこ編集長の気合いを感じましたわ。
    特集の「男子」、あっこらしい切り口が新鮮。「男子」が似合う人だな~。
    「日直ですよ」のカルチャー記事も、とても面白く読みました。気になる本、CDがいろいろ!!
    復活「みちくさ」もまた嬉しいです。横浜、行きたくなっちゃう~、このワクワク感、ハンパない。相変わらず、目の付け所がイイよ!
    こだわりでいっぱいの一冊、読めば読むほど、じわじわと楽しい。おしゃれも、おでかけも、読書も…インドアもアウトドアも「あっこ」的に面白がっていきたいな。
    vol.1はどうしようかなと迷いつつ2の方を先に買っちゃったけど、やっぱり1も近いうち購入したいと思います。それほどまでにあっこの感性に心酔しちゃってるもので。

  • 「あんパンと牛乳で、できている。」

    今回のマッシュは男子特集。
    男でも男性でもなく、男子。
    いちどはなりたいと思う、いきもの。

    【男子って、いいな】
    あんパンくわえて水色のリュックしょって首になんの気なしのヘッドフォンかけて自転車でサーッと駆ける姿は、たしかに、いいかも。
    私のなかで、男子って、「500日のサマー」の主演みたいなイメージかなあ。

    【男子探求】
    フードの肉厚感、立ち上がり感
    プルオーバーのキュッと感が好き、に同意!!

    【きょう、何着よう】
    コーディネートは64着もあるのに、好きなモノ、ピンとくるものが、ふたつかみっつしかなかった。
    おしゃれのはなし。の私服紹介のほうが断然かわいかったなー
    ちょっと個性的になりすぎてるのかも。

    【日直ですよ】
    マンションの住人とこういう関係性が築けていたら、すっごく住みやすいだろうなあー。
    こんかいは、たこ焼き囲んで漫画部。
    私も、「ハンサムな彼女」で初めてキスシーンみたかもしれない。
    というか、それくらい「見てはいけないもの」な描き方がうまかったのかな。
    「いまどきのこども」「ジェリーインザメリーゴーラウンド」くらもちふさこ、岡田あーみんなどなど
    懐かしい漫画のハナシに興奮した。

    ミツウラさんとの手芸もたのしそ。

    菊池亜希子のセンスには「うんうん」と深くうなづいてしまうものがあって
    だからこの雑誌も隅から隅まで余すところ無く読みきった。
    そんな雑誌は、マッシュ以外、ない。
    どっかしら読み飛ばすし、雑誌って途中で飽きる。
    感性が、似てるし、好き。

    雑誌、つづけてほしい。

  • ふと本棚から取り出して眺めていたら、星野源さんも坂口健太郎さんもいらっしゃる。蒼井優さんも含め、皆さん笑顔が素敵。男子っぽい格好も好きです、もっとシャツ着たいなぁ。つい変わった柄のシャツを買ってしまうのですが、気合で着るといいのかな。「ナチュラルに向かいすぎて、色々なものをなくしていくことだけが良いことだとは思わない」っていい言葉です。マッシュ、大好き。

  • かわいいかっこいいキクチアキコに惚れそうになる。
    ジョーダンわかってはいてる女の子はかっこよすぎると思うんです、ええ。
    僕には実現不可能な素敵な女の子。

  • 男子!!特集です。ボーイッシュな感じが好きな方は必見です。みちくさは横浜。◎

  • 「男の子」になりたい。
    私自身も、女の子女の子した服装よりも、カジュアルなボーイッシュな服装が好きだったり、サバサバしている男の子と付き合うのが楽チンに感じたり・・・

    好きなものをいつも貫くあっこちゃん。
    憧れの存在です★☆

  • 星野源さんもでていて豪華。

  • 今更ながら、あっこちゃんを知り、ハマりました!

    出版から時間が経っているからか、近くの本屋さんでは見つからず。
    しかし、ジュンク堂さんに行ってみると、やっと、、、、、入手っ!
    Amazonさんには無かったのに、、さすがです。

    パラパラ、ゆっくり、ゆっくり読んでってます。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1982年、岐阜県生まれ。女優・モデル・『菊池亜希子ムック マッシュ』編集長。モデルとしてデビューし、その後、映画やドラマ、舞台など女優としても活躍。
現在、TBSラジオ「Be Style」(毎週土曜日朝5時半~6時)でパーソナリティを務める。主な出演作に映画『ぐるりのこと。』『森崎書店の日々』『グッド・ストライプス』『海のふた』など。著書に『菊池亜希子ムック マッシュ VOL.1~10』(小学館)、『好きよ、喫茶店』(マガジンハウス)、『おなかのおと』(文藝春秋)など。

「2020年 『へそまがり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊池亜希子の作品

菊池亜希子ムック マッシュ VOL.2 (SHOGAKUKAN SELECT MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする