やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)

著者 :
  • 小学館
3.97
  • (158)
  • (237)
  • (131)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1819
レビュー : 165
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784094512625

作品紹介・あらすじ

孤独に負けず。友達もなく、彼女もなく。青春を謳歌するクラスメイトを見れば「あいつらは嘘つきだ。欺瞞だ。爆発しろ」とつぶやき、将来の夢はと聞かれれば「働かないこと」とのたまう-そんなひねくれ高校生・八幡が生活指導の先生に連れてこられたのは、学校一の美少女・雪乃が所属する「奉仕部」。さえない俺がひょんなことから美少女と出会い…どう考えてもラブコメ展開!?と思いきや、雪乃と八幡の残念な性格がどうしてもそれを許さない!繰り広げられる間違いだらけの青春模様-俺の青春、どうしてこうなった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近のラブコメはヒロインや主人公が好きになってる状態から始まるものばかりですが、この作品はヒロインの主人公に対する罵倒から始まるのでとても気に入りました。難癖のある主人公の考え方やヒロインの毒舌がとても面白い作品です。似てないようで似てる、そんな二人のラブコメを見て届けたいなと思います。

  • お気に入りの作品です。
    言葉遊びやオマージュ、ネタが満載で、アニメ、ゲーム、マンガ、ネット好きにはたまらないです。
    主人公に自己投影しまくるし、物の見方の角度がたまらないです。

  • 友達に勧められて読んだライトノベル第二弾。こっちに関しては絶対に自分との相性が悪いだろうなと思ってたからこちらからは触れないようにしてたのに。執拗に勧めてきた友達を知人に格下げするくらいには恨めしいぞコノヤロウ。
    ラノベの感想を書く度に言ってる気がするんですが、自分は「卑屈でどこか大人びたふりしてるけどやる時はやっちゃう」系の主人公が苦手で。なんでかっつーと多分同族嫌悪に近いんですけど、自分が学生時代にそういうスタンスを取っていたからなのです。うーん中二病。
    なので、今作の主人公である比企谷くんはもう、すんません、本当に無理でした。歴代トップで無理でした。てか無理だろうなって分かってたから関わらないようにしてたのに、執拗に勧めてきた知人を他人に格下げするくらいには許しがたいんですが……どちら様でしたっけ?
    スクールカーストの低い位置からネチネチと上位層を悪く言ったり印象悪く捉えたりしてるけど、逆の立場からしてみたら嫌いになるだろこんなヤツとしか思えなくてつまりはもう自業自得で……ぼっちでも十分楽しいんだからそっとしといてくれよっていうメッセージはわかるから、ならお前もその被害妄想やめろよと。そんな主人公に感情移入できるはずもないのに脳内がそのまま文字になった地の文を読まされ続けるのはただただ辛い。嫌いな人が冗談を言っても笑えないように、半強制的に全てのネタが滑ってるように感じてしまうのも苦しかった……。
    ☆1なんですけど、これは主人公との相性がマイナスに触れている結果です。ラノベならではのお約束感がそのまま安心感に繋がるヒロインとのやり取りとか、どうみても美少女なんだけど男子……ってのは懐かしさも込みで好きだし、しっかりと世間に受けるものを狙ってヒットしてるんだから、作品としての質は間違いなくしっかりしてるってのは素直な印象です。若い頃に読んでたら手放しで崇めてただろうし、こういうのが楽しめないのは歳を取った証拠なんだろうなとも思う。でもやっぱり、主人公が無理!

  • 『AURA』と『僕は友達が少ない』の中間にある『電波女と青春男』みたいな
    ライトノベルなキャラクタが青春であることにこだわるお話
    当事者意識が個性強調との座り悪さを楽しむようなつくりだが
    (つまり高校生自身が青春と口に言うことが「ライトノベル」)
    比較して中途半端
    キャラクタの魅力あるエンタメとしての配分は真似しがたいところかもしれないが
    中高生相手なのにそういうことをする作品は少ないのでがんばっていただきたい
    当事者たる中高生がこういう「青春」話を楽しむかはともかく

  • やっぱり八幡のひねくれ具合は最高だな。八幡の独り言が多い印象

  • 読み返すことで、主人公のものの考え方が違って見えてくるかもしれません。自分にとっての青春とはどんなものか、それによってこの作品の感じ方は変わりそうです。読後の余韻は特になく、毒にも薬にもならない、まさにライトノベルといった印象です。
    主人公の八幡君、ヒロインの雪乃さんは、青春の表面的な面ばかりでなく、自身の苦い経験や友達づきあいの乏しさから、独特の「青春観」を持っています。エピローグの作文の中で語られた彼なりの青春は、ひとつひとつはささやかながらも幸せなひとときの高校生活でした。主人公はそうした自分の青春を、「敗北や失敗もすべて振り返れば良い思い出にしてしまう青春フィルター」を通した青春と一緒くたにしてしまうことが嫌なのでしょう。
     ただ、本編中で主人公の青春観が語られることがなくひたすら高二病のいやなやつとして描かれるため、序盤は「ひねくれ者」の主人公になかなか感情移入できませんでした。

  • アニメが面白かったので購入。
    ゆきりんも絶賛していたが、やはり面白い。
    とりあえず、アニメ版までの感想(~文化祭)を下記にまとめる。


    描写がうまいとか、ストーリーが面白いというよりは
    孤独な主人公とヒロインの言い争いやツッコミが実に面白い。
    作者と友達になりたい。
    読んでてクスクス、ニヤニヤしちゃう系。


    しょうもないツッコミが続く中、たまにシリアス。
    リア充(笑)とのいざこざを、身を呈して解決する主人公。

    主人公の考え方に共感してしまう部分が多く、
    高校時代の自分の頭や口では表現できなかった
    モヤモヤを代弁してくれているようで読むのが実に楽しい。

  • ラノベって実はあんまり読まないのですが、なんとなく気になり手にとる。


    序盤、ヒロイン達の猛烈な毒舌に「ちょっと…」と思いましたが、
    このシリーズは回を重ねるごとに面白い!
    わりとこういうまわりくどいラノベの一人称語りが好きだったりするので、その軽快な台詞回しだけでも色々と笑いました。
    なんで、古典部シリーズとか涼宮ハルヒの地の文が好きならオススメです。
    内容もいい感じに青春してます。
    ご当地ネタも全然わからないけど好きです(笑)

  • アニメ観ておもしろかったので、興味をもった。
    周りの人の評判も良かったし。
    アニメのノリで楽しめたよ。
    とてもいい。
    でもね、これ、ネタが北斗の拳とかガンダムとかなんていうか、おっさんホイホイじゃないですかー。

  • ずっとぼっち(ひとりぼっち)で過ごしてきた主人公の八幡(はちまん)は
    とてもネガティブ思考の少年です。
    将来の職業希望は専業主夫と宣い、人と接する事を強いて求めません。
    そんな八幡を見かね、担任の女教師は彼を奉仕部へと放り込みます。
    そこには唯一の部員である雪之下という才色兼備の少女がいるだけ。
    しかし優れる余りに人間関係に置いて絶えず嫌な思いをしてきた雪之下は
    これまた極度なまでの排他性を身に付けており、八幡の事を歯牙にも掛けません。
    困っている人の助けとなる(一応)事を部の活動としていますが、
    人間関係を嫌う彼等が他人とどう相対していくか、
    そこで変化が生じていくのかが注目されます。

    八幡は情けないを通り越して駄目駄目な思考の持ち主であり、
    本人がそれを可としている点が他の作品の類似主人公とは異なりますかね。
    しかし、人間関係についての端々の事柄がどうにも合点がいく、
    理解できる部分が多いところが面白いですかね。
    ・・・・詰まり、私もぼっちじゃんと。実際にそういった所が強いですけど(^_^;
    その様な主人公であり、同様に雪之下、更には周りの顔色を覗う事の強い少女由比ヶ浜等
    癖のある高校生らが送る学園生活の話と言ったところです。
    しかし似た様な作品である「僕は友達が少ない」は同様に痛い少年少女らでありますが、
    「はがない」は友達を求める事には積極的であります。
    しかし、自分達がダメ人間であると言う点での開き直り、客観的認識は薄いかも。
    その違いだけでも似た作品でありながらも話の流れも異なっているところが面白いですね。

    文章としては最近流行りのネタ仕込み型であり、
    会話の中にアニメやら知識ネタを仕込んで会話をもり立てようとしております。
    この手法で突っ走った最たる所は西尾維新、特に「化物語」でしょうが
    この作品はそれに類似する部分はあるものの、そこに乗っかりすぎてもいないと思います。
    悪乗りが過ぎて作品を貶めてしまった作品は過去の日記でも取り上げましたし、
    相変らずこの手法をとる作家は増えているようです。
    それらに比べれば、話やキャラクターが確立している分、
    会話で読者に媚びようとしなくても、話で引っ張っていける部分があり、
    作品としてのバランスを良くしていると思います。
    一見女の子の様な男の子も登場しますが、ここでは隠れ少女ではなく男性のままの様です。
    詰まり特徴を持たせてはいますが、奇抜すぎた設定にはなっていないのが物語にも活かされるかと。
    駄目駄目な主人公が今後の高校生活をどう過ごしていくかが気になりますかね。

    一昔前は学園もので登場する様な人物は個性の違いは見られるものの
    余り奇を衒っていたり現実から離れすぎていなかったりしましたが

    最近はラノベ=非現実を意識しすぎる余りに設定と物語、そして表現とのバランスが
    歪さをまし、作品としての質を低下させている部分があると思うので
    現実から離れ過ぎない学園ものラノベ作品が増えるのはよいかと思います。

全165件中 1 - 10件を表示

渡航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 (ガガガ文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×